2019年04月24日

残留思念〜人間の品位〜

 超能力の一つに、物体に触れることでその物に関する事件、
人物、出所、由来などを把握する「サイコメトリー」と呼ばれる
能力があるが、これもその物体の残留思念を読んでいると説明
されていることもある。

とウィキペディアにはのっている。

残留思念、もうすこしわるい意味でのっていたのだが朝から
はすこしいやなのでかかないでおく。

この残留思念、意外に不動産には大きく関わってくるように
感じる。

この言葉、昨年はじめて知ることになるのだが、かなりなインパクト
があって頭に記憶しているのである。

たとえばあるお店にいく。自分がいく前の何時間前に人が
いたとする。いい人でもわるい人でもいいのだが、その人が
ある思いを残せば、なにかを感じとれる能力。

昨年でかなり解消した個人的な事案があったのだが・・・
点と点がつながって線ができて面になって広がりをみせた
ことがあった。ある一つの名前が完成したのだが、人は
ときに自分が意識しないのに、なにかに導かれるような

犬神家の一族をみたのだが、犬神佐兵衛あえてここでは
犬神すけべえとしておこう。その思いが長女の松子に乗り移った?
描写もあった。

エヴァでも、綾波や惣流もこの残留思念にぶちあたる回想
シーンがあった記憶がある。

というわけで、人として品位を高めにもっていきたいのは
あるが、この残留思念がときに邪魔するのは、これだれしも
あるのではないかと。これは、かなり難しいのだが

なんにちか前に教わったことがある。気化、昇華という
言葉で頭に内蔵したのである。

今年の大河ドラマのオープニングでも、金栗さんは、自分の
いきた明治大正の東京から、現代の東京まで走っている。
これありえないことなのだが、タイムトラベルというより
金栗さんの意思はだれかが受け継いで走っているのである。
もしかして市民ランナーの川内さんかもしれないし、ほかの
誰かかもしれない。そして最後に、足袋が下におちて金栗さんは
水になっている。これは気化ではないな・・・でも昇華できた
のかなと。

というわけで今年の春の天皇賞、明日枠順が発表になる。

大きい時代の節目、「思い出」と今一度考えてみようかと

今日も仕事なるもの頑張っていこう!ある案件も今週末には
なんとか一応の答えがでそうなのである。
posted by クール at 07:11| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする