2019年02月08日

北方領土は「日本固有」の領土です

 昨日は北方領土の日でした。南クリル諸島ではござい
ません。

今一度正確な歴史認識をひとりごと

先の大戦、終結3日前、戦争が終わることがほぼ決まった
状態から、不可侵条約を一方的に破棄、
北方四島に侵攻したのは、「ソビエト連邦」ロシアとは
別物の国家なのである。

ロシアとして生まれ変わったのだから、盗人の称号を
承継することはないと思うのだが・・・まさに負の継承なの
である。

東海併記などせずに、日本海。尖閣は、「日本固有」の
領土。独島でなく竹島なのである。いくら実行支配されようは
教科書にのっている限り「日本固有」の領土なのです。

この事実がかわるなら、国連や国際裁判にいけばいいと
思うのである。

英霊は先の大戦だけでなく、203高地もものすごい英霊生んでる
よな・・・お〜こわっ

今週の日曜日、ある仲裁に入った。日曜日の午後。はじめて
の仲裁相手とご対面。10分もかからず交渉決裂。でも
はじまったばかり根気よくなのである。依頼主には、「時間を
ください」と。「でも最終局面は・・・」とだけ伝えたの
である。

こちらのほうは、犬でなくにゃんこだったのだが、どうだろ
今度はにゃんこをあげてはどうだろうか

野村秋介さんが現代に生きていたら、どう動いただろうか。

新しい形で承継するのでなく、パワーアップしているのは
間違いないはずなのである。

いやー今週は日曜日からしびれ、一日おいてある案件が振り出し
にもどり、昨晩、遠縁にあたる前職自衛官にある依頼事の回答の
電話。

電話の話でも隙がない。たじたじ・・・

というわけで、壮大なひとりごとだったかと

今日も頑張っていこう!

北方領土は「日本固有」の領土なのです。田舎の末端の
しかも不動産屋でもわかる歴史認識なのです。
posted by クール at 07:18| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする