2018年12月13日

今年の漢字は?「災(わざわい)」

 昨日、今年の漢字一文字の発表があった。昨年が「北」
そして今年は「災」。西日本は災害が確かに災害に多く
みまわれたのである。

そして安倍首相が選んだのは、「転」。

災い転じて福となす。「災」単体でみたら確かにあまり
いい文字ではないが、それは表面的なものでポジティブ
シンキングしないまでも、裏面をみれば福の予兆とも
みれるのである。

現に、東日本大震災のあと注目された言葉は「絆」という
文字。その翌年、ダービー馬になったのは「キズナ」。

災害があったからこそ忘れていたものが甦ることもあるの
かなと。

自分が個人的に選んだのは「命」なにごとも命あっての
物種ということかと。単に生きる命でなく、自分の命題
というか。そういう気にさせてくれる。

先日、ある物件が振り出しにもどったのだが、これも
いい予兆と考える。問題点は、振り出しにもどることで
みえてくるものもあり、昨日依頼主より厳しい叱責を
うける。でも、これは非常にありがたいことなのである。

コトノハの威力昨日もいただいたのである。悩み落ち込む
ひまなど、露ほどもないのである。ひたすら前にいく
のみかなと。

すべてごまかさず、腹を裂く感じで業務を伝え問題点を
指摘される。いい流れなのかと。営業は、なんのこともない
足を使うのみ。業者だけでなく地域を回る。

ということで今日もせわしなく営業していこう。残された
時間はもうわずかなのである。

最後には笑顔で終わろうと考える。

でもそんなに片意地張らずに「ゲーム」する感覚で楽しんで
仕事しよう。道のりが険しいと思うか、意外と楽じゃんと
考える原点はすべからく自分次第なのかと。

しびれるね〜でも、これが意外といやでないのである笑

トモにムチいれていきますか
posted by クール at 08:12| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする