2018年12月08日

M−1グランプリ〜素敵な明日をみつめて〜

 昨日、最終の電話で急いでメーカーに物件資料を届ける。

ハウスメーカーさんは夕方から9時くらいまでがいわば
勝負時。土日の内覧や案内にむけてアポ取り等々。

昨年知り合った営業マン。顔は中尾彬風で強面で表情を
くずさないのだが、なかなか性格がいいと、昨年思ったの
である。事務所にいくとせわしなく電話をかけていた。

届けてから、車にのりいつものようにFM。今が旬な日産の
営業マンの苦悩の話が流れていた。その営業マンがモチベーション
をあげるために聴いてるのが、ダニエルパウターの
「BAD DAY」往年の名曲なのである。

「今日は、ほんのちょっとだけついてなかったんだよ」

そういう風に自分に言い聞かせて明日の仕事に備える
という。

先日、行われた暮れの恒例行事、グランプリ3連発の第1弾。
M−1グランプリ。お笑いの若手の登竜門。今年は6460組
の漫才コンビが頂点目指して戦ったという。結果はNETでみる。

どこの世界も一緒なんだと思う。素敵な明日をみつめて
みんな頑張っているのである。

自分の立ち位置みつめて、苦しいときはなんのこともない
一歩立ち止まって休めばいい。自分は休まないけど笑

自分を完全に捨てたときみえる世界もあるような気がする。
客観的に自分を外から見てみる。案外、見えてくるものも
あると思う。我良しの我欲を捨てる。なかなかできないのとこ
ろもあるが極力そうするようにチャンレジしている。

そうすると、まずコトノハが違ってくる気がするのである。

昨日はいろいろ考えることにでくわしたな〜恩師のところ
にも顔をだしたのである。言葉が少ないぶんだけ心に響く
こともあるのである。

というわけで今日もポジティブシンキング!

永遠の下積み世代笑、バブル崩壊期に青春時代すごした自分
たち世代の特徴なのかも

道のりは険しいほど、抜けたときの快感も格別なのであーる。

さて今日も頑張っていこう!
posted by クール at 06:46| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする