2018年10月27日

春日御神輿に会えたそれって、ミラクル〜明日、秋の天皇賞〜

みんなで担いできた御神輿もラストを迎えていた。今のりにのってるご当地の社長からアームレスリングですごいことやってる人から、日々の仕事に追われ頑張ってる職人からみんな同じ土俵で御神輿を担いできた。

あ、クールくんを導いてくれた看板屋さんも還暦近いのに頑張ってる!

春日例大祭もクライマックスを迎えていた。神様も少々お疲れ気味?いわゆる疲れ◯◯。

最後の「宮入り」、日が暮れて松明(たいまつ)が焚かれた沿道をネ申様は、みんなに担がれ歩く。そして神社の⛩を通ってまもなく神様暴れだしたのである。

神様どうしたの?と投げかけると

「一度ついた火が消せるわけねぇーだろ!えーい、宮入りさせろ!!!!!!!!!」

アマテラス「宮入りさせませぬ!!!!」

神様「どうしても、宮入りさせぬのか?」

アマテラス「えぇさせませぬ、そんなに軽くないことよ」

神様「宮入りさせろ」

アマテラス「させませぬ」

親神輿に新神輿どちらも譲らない。

見事、ネ申様は◯宮入りできたのか?それは明日に結論をだしてみよう。

◯宮入りできたのか、今の言葉でいうと着床っていうのか。

四球は塁すすむけど、死球はやばいよね笑笑

神様は何十年、何百年、何千年と色欲(49)の人だったとは、目から鱗なのである。

秋の天皇賞、当たるといいけどね!

みんなに巡りあえたそれって、もしかしてマラいや、ミラクルかも
posted by クール at 17:42| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

明日、今日より笑顔になれる。

先週になるのか、十三夜にオリオン流星群と天体ショーが多かったようだ。

平成最後の「秋」がつくレース。秋の天皇賞が明日、東京競馬場で開催される。

数々のドラマをみせてくれた秋の天皇賞。かつては一番人気が勝てなかった時代もあった。平成の年号での、天皇賞は来年の春の天皇賞がラストになるようだ。

毎年、夢を託すのであるが今年の秋の天皇賞というか、ジャパンカップ、有馬記念は
平成を清算したい結果にしたいと願う。

なにかの巡り合わせで先週の土曜日に春日神社の例大祭に参加できたのである。

何十年、何百年と人びとの思いを繋ぐことができた場面に居合わせることができたのはラッキーというしかない。

毎年、夏に今年で10回目御神輿を担ぐことができた。

「おれたち、バカだけどやっていこうぜ!」

「バカばっかしじゃがねー」

「また来年ね!」

毎年聞いてきたセリフだけど、コトノハの命というか、そのシーンをみたくて担いできたかもしれない。

みんなで歩いてきた足跡を残してラストの「宮入り」をしたのである。これは面白かった。

毎年、「ルーキーズ」みたいな場面にこの年になってもいれるのには感謝している。

でも、案外バカだからできることもある気がするのである。

今日も安全な一日になりますように
posted by クール at 08:14| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする