2018年09月17日

け『イ』ろうのひ〜またひとり福岡へ〜

 今日は敬老の日、年配者、目上年上の人に対しては
やはり一日の長があると思うので今日はそういう日を
すごそう。

何事も場数、経験、年数にまさるものもない

とはいえ・・・年下の人でも尊敬する人もいわるわけで
昨日、あるところで2〜3年ぶりになるのか
ばったり再会できた人がいる。うれしいことに女性なの
だが、名前だけみたら男性と勘違いするのである。

3年前にみたときはきりっとした感じがあったのだが、
それさえも通り越して今度は幾分やせたかな?と思う
のだが優しい感じがしたのである。

昨日にご当地を離れる方の退去立会い、行く先は
福岡、そしてその女性も晩秋に福岡に栄転といって
いいのだろうがそういう話をきかされたのである。今は
宮崎市である組織のトップから今度はまたステップアップ
したのだろうか

お盆前から数えて、都合3人ほど知人が福岡に転居
することになったのである。3人とも自分にとっては
たいへんプラスに作用した方たちなのである。その方
たちがそろって福岡というのもなんとなたまたまにしては
珍しい。

その女性との話の中で、いよいよ少子高齢化の波が
押し寄せてきてることを実感するにいたったのである。

経済の形がいよいよ目にみえる形で表面にでてきた
みたいなのである。人口がすくないところでは、仕事の
幅もかなり変化していくのだ。やはり人口が多いところに
集中していくのは、これは仕方ないことなのかと

10年後、ご当地もかなり人口の減少が予想されている

やはりそういう感じに今よりも目にみえる形で変化して
いくだろうと思う

敬老の日を思いつつ、やはり少子化解消しない限り
地方の流れはさらに見えにくくなってくるのかと

今日はゆっくり休もう
posted by クール at 07:53| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする