2018年09月08日

みずいろは涙色の雨色

 今日明日と雨の天気予報。非常にありがたいのである。
今詰をむかえている案件。昨日もある事象が起きたのである。

でも、自分的にはあまりたいした障害ではないのかなと。

結果がどうであれ、もうすべて決まっているんだろうな〜と
いう感じをもっているからだ。だから、おとといとある青年に
ちゃんとした接客を心がけしたのである。

今回の結果がどうであれ、未来を想像したのである。

自分ごときの熱い思いや情熱、それにアゴで動くほど不動産
はたやすくないというのがぼちぼちわかってきているのである。

だから、数年前までは、自分の力を過大評価してきたきらいが
ある。なんのこともない巡り合わせ、それに本人たちの運や宿命
で物件は動くのかなと。そのお手伝いの中でミスをしないように
物事を進ませるのが不動産屋なのである。

あとは・・・営業マンの顔の広さ、信用の積み重ね。だから足りない
部分を補うために老舗とチーム組んだり、人が集まるところに
いき浅く広く顔を売るのである。

というわけでとある宿題を与えられたので、しゅくしゅくとこなす
仕事が今日なのである。いわゆる「裏取り」人の記憶はあいまい
なので最低でも3人からの「聞き取り」の実行かなと

こういうさもわかったようなことを書いてモチベーションあげる
作業なのだが・・・雨はやっぱりいいのである。

そして雨の色は水色なのである。たいへん綺麗な色である。

どうして水色が好きになったかは、伏せておこう

「覚えていますか?」

この物件に巡りあった意味。そろそろ終幕なのかなと。アンコール
も終わり幕が閉じるんだな〜と

できるなら決着つけたい感じはある。日曜日の夕方の引き潮が
狙い目なのである。夕マズメというのか
posted by クール at 06:32| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする