2018年08月22日

夏の甲子園終わる〜東北に勝たせてあげたかった〜

 昨日で100回目の夏の甲子園が終わった。秋田県が第1回
以来103年ぶりの決勝。

東北に深紅の優勝旗かと思ったのだが、春の選抜で優勝した
大阪桐蔭が春夏連覇しかも2度目の春夏連覇ははじめてだとか

試合が始まったときに、法務局にいたのだが、東北出身の司法
書士の先生にばったりでくわす。

法務局に来てた人たちもテレビに釘付け。自分も用事がおわって
2回までみてしまったのである。

閉会式はみたのである。

春は毎日だけど、夏は朝日。主催が大手新聞社なのだけど大会
の総評を新聞社の代表がしていたのだが、なかなかやはり新聞社
うまいことをいっていたのである。

「ヒーロー、ハンドレッド、そしてヒストリー 3つのHの大会であった」と

ほぼ一人で投げ抜いた金足農の吉田投手はまちがいなくプロに
いくんだろうな〜と。大阪桐蔭の根尾選手、たしか選抜では投手も
してたような・・・みるからに負けん気の強さが顔にでていたのが
印象的であった。

判官びいきというか、東北を応援していた人は多かったのではないか
と思う。

甲子園をみてると、ほんとがむしゃらな若者をみてると「いいよな〜」
を思ってしまう。がむしゃらだからこそ、ミラクルも感動も連れてくるの
である。

自分をかえりみてすこし反省するが、年をとると動きも鈍くなってくる
きらいもあるよなと

というわけで、天気があいまいというか予報に右往左往しているここ
数日なのだが、あわてる○○○はもらいがすくないということも肝に
命じておこう。待てば海路の日和ありだな

うーん とにかく最低限の動きだけはしておこう

でっかい花火をみたいが、あせらず地道にいくか

今日もセーフティーな一日になりますように

微妙にずれてるカンピューター修正していかないとな〜
posted by クール at 08:05| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする