2018年07月05日

まねっこ猫田ちゃん

 昨日内覧の前に山下新天街にいった。なにかおもちゃは
ないものかと。いいのがなければ買う気はなかった

内覧する家には世界的に有名なあるキャラクターがけっこう
いるのだが・・・

「ぴーん」とひらめき、名づけてぇ〜ジェリー&トム作戦。

本来ならトム&ジェリーなのだが、これではトムは負けて
しまうのでリバース。そこでトムの助っ人のまねっこ猫田ちゃん
を投入したのである。家にいるのはジェリーではないけれど

つまり、その家から、世界的に有名なキャラクターがいなくなると
いうことは、それに勝てる猫がいればなのである。

猫の恩返しの映画にでてきたような猫も昨日何人かみたな〜

いや、大きい猫なのだが、もしかして人間なのかも

ここで、まねっこ猫田ちゃんなのだが・・・しゃべれる猫なのである。
ロボット猫の簡易バージョン。言葉をおぼえさせると、復唱してくれる
のである。うーん・・・インコみたいなものである。

ということで今まではほのぼの話題だが、今日の新聞の一面。

何年か前に、書道の有名なコンクール、賞がお金でかえるが表沙汰
になったのだが、テストの点数もお金でかえるのである。

今ものすごいスピードでいろいろなものがあぶりだされる世の中に
かわってきているのだが、これはもうすこし拍車がかかるだろう。と
個人的に思う。

一般にいわれる「もみけす」これはおそらく不可能になってくるかもと
個人的に思う。インターネットの普及も一役かってるところもある。

かといってそういうたぐいのものがなくなるというとそれも不可能なのか
と。善悪二元論はあぶない考えだよと諭されたことがある。そこで思い
だしたのが「機微(きび)」という言葉。人にはそれぞれ事情があると
いうことなのである。我欲の我良し発想はいけないと思うけど・・・
とにかくそういうのが許される時代ではなくなってきてるのは確かなのかと

不動産屋は、物件にまつわることを洗いざらいしていく一面もある。

まねっこ猫田ちゃんにがんかけをした昨日なのである。毎回、がんかけは
するが・・・成功したときは「たまたま」にしておくのが「吉」なのである。

というわけで今日もワンダフルな一日になりますように。

不動産屋はある意味「金でかたをつける」仕事の一面もあるので今日の
新聞の記事をみても「そっか〜」のひとことですませる自分もいるのである笑
posted by クール at 07:34| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする