2018年04月18日

「ダンテ」ライオン〜遅咲きのたんぽぽ〜

 昨日、営業はぼちぼち。書類つくりメインが午前中。午後にぼっちぼっちと。

夕刻「なな」時より、手話講座にいく。すごいびっくりしたのだが、都合3コース。

入門、会話通訳1、会話通訳2があるのだが、来てた人おそらく100人こえて
いたのかなと。

申し込んだときに・・・すこし恥ずかしい質問した自分をかえりみたのである。

ところで、今週は春のG1はないのだが今年「なな」年ぶりに4月29日の日に
春の天皇賞が開催される。以前は、ずっと4月29日に開催されていたのである。

まぁ余興というか、今更かえてもの心境でユーミンの「ダンデライオン」を今年の
春の天皇賞自分の中のイメージソングにしようと勝手にしたのである。こちらも
あせらずぼっちぼっちと。今日から12日間、ゆっくり楽しんでいこうかと。

なぜ、ダンデライオンにしたかというと・・・
ただ1頭の高齢の牝馬の登録があるからなのである。8歳馬スマートレイヤー
通常の競馬ファンなら「もうとっくに引退してるだろ?」的な

とても強い牝馬でしかも芦毛馬。もうかなり白くなっているだが。ダンデライオン
には、表題がついてるのだが、遅咲きのたんぽぽ。黄色の花から、白にかわり
「天」にむかってその種をまくのである。

今日は夕刻より、ある講演会を聞きにいくのである。かなりの人がくると聞いて
いる。

とても幸せな孤独というフレーズがユーミンらしい歌詞だよな〜と素直に感じる。

今日もワンダフルな一日になりますように
posted by クール at 04:30| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする