2018年04月08日

復活祭(イースター)〜リバース1997桜花賞〜

 今日は東方教会において復活祭でお祝いの日なので
ある。先週4月1日の日曜日において西方教会は1週
はやく行われたのである。

うさぎと彩りをほどこしおた卵。カラフルな卵が今日は
みられるのかなと。

ただいま、引越しシーズン。自分も何度も経験している。
わすれもしない1997年。引越しの準備も終わった
部屋で迎えた桜花賞。

昨日、修ちゃんに電話してみた。俊ちゃんにも聞いてみた。

 「修ちゃんにとって1番大事なものってなんですか?」

「いきなりいわれてもな〜どーしたんかえ〜あんまり仕事
ひますぎておかしくなったんーガハハハハ、そりゃ
人によってちがうやろし、一概にあれこれとはいえんわなー」

「そやなーう〜ん「家族」「恋人」・・・「健康」。。。
『自分』いや、やっぱりいきなりいわれてもな〜」

そっか!修ちゃんにとって一番大事なものは『自分』なんんだと
理解できたのである。

  「じゃあ、お金は?」

「それは、はっきりいえるわー、1番じゃないし、それは『あとから
ついてくるもの』やわ〜」

ふーん、修ちゃんは今日はよそ行きの優等生ぶってるな、これも
すぐ理解できた。

東京にいる先輩にも聞いてみた。

「クールなにいってるの今更、お金に決まってるじゃん、だから
だめなんだよ、クールくん!はい、もう一回もう一回やり直し」

がらんとした部屋で一人。府中にいって生馬券を買ってテレビ
の前にいる自分。当てたけど、もとにもどっただけ。前に進まない。

そんな思いをリバースさせたい今年の桜花賞。

1997年メジロドーベルに勝って欲しかった桜花賞。

そのメジロドーベルを重ねてみてる、1頭の牝馬アーモンド
「アイ」に命の次に大事な「お金」をかけてみたい。もちろん
単勝。そしてそのとき栄冠を勝ち取った騎手松永幹夫が今回の
相手1番ラッキーライラックが相手筆頭。

バリバリの馬連1番人気。新聞みりゃだれでもかえるし
みんなおさえるっーものなのよね〜

遠い日々の贈り物、かけがえのない宝物、今日は棚から
引き出して踊ってみてみようか。そんな2018年の
桜花賞を迎える。今日も境界(きょうかい)確認の仕事が
入っている。西側の人には昨日会えたのである。南側の
人に今日は会えるだろうか。

桜花賞終わったら、ちゃんと棚にもどしておこう。また
大切なものなくす前に棚からとりだしてみよう。

茂さんからは外人の単勝を頼まれている。茂さんにとっても
いい数字じゃないもの選んだのである。うーんやっぱ、茂さんも
そうだったのかな〜と。

未来の「DESTINY」これはいかに。

今日もワンダフルな日になりますように。昔ほど遊んでないの
はわかるよな〜

 
posted by クール at 05:27| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする