2018年04月02日

新年度!トリックスターとは?

 本日より、平成30年度がはじまる。これから1ヶ月。
新規物件の名寄帳を無料でとれるという自分たちの仕事
においてかなりな利点があるものがはじまる。

昨晩、あるところを訪ねたのだが、足がとまったのである。
時間もあったのだが、家のあかりはついていた。火曜日に
運動があるから終わったらよってみようと思う。その逆も
しなきゃね。いわゆる「夜討ち朝駆け」今日は朝駆けから
仕事がはじまるのである。

ところで、すこし面白い話なのだが・・・人の記憶違いと
いうのはどういう風におきてくるのか。ピカチュウのしっぽ
の先は黒いか、黄色か。これおそらく100人いたら99人
「黒かったよね!」と答えるはず。でも実際は黄色なのである。

ピカチュウの耳の先は黒いのである。いわゆるイメージ耳の
先の画像が頭にのこり、似たような形したしっぽの先も黒い
と勝手に判断して結果、「黒だよ〜」と決めてしまうのである。

昨年から、世間の話題になっている「かけ」学園。おそらく
大半の人は「かけい」学園と思っていたはずなのである。自分も
そう思っていた。では、実際は・・・「かけ」のほうが正しい
のである。「すこし変じゃない?」とまだ思っている人は多い
と思う。「かけい」じゃなかった?と

ある時を境にイメージだけでなく、読み方も変化する。そして
それが以前からそうだったように脳が、違うと思いつつもあるが
変化していく。

「これは難しい案件だよな〜」と経験及び体験からイメージづくり
をしてしまう。でも、これって案外ある意味、危険な考えというのも
一理あるのである。難しいとイメージするから、ますます難しく
させていっているのである。先入観の怖さなのである。

思考・言葉は現実化していくのである。ある予感はある。これから
前半夏がはじまるころまで、いろいろな化学反応していくように
感じる。それもかなりなスピードがありそうな気がしないでもない。

前向き、ポジィティブシンキング・・・まだまだ言葉はあるとは
思うけど。まずはバッターボックスに立って。ほんとに難しい
手におえないと思えば、「逃げりゃいいじゃん!」みたいな。

「大丈夫!」と思っていれば「だいたい大丈夫」だと思うのである。

全然大丈夫とは、今の自分はたからみれば「全然大丈夫じゃねーだろ!」
的なところもあれど、「まぁだいたい大丈夫」と思っていればいいのかな
と。

というわけで、今日はなにを聞いてから仕事準備しようか。やっぱ
いきつくところは、サザンかユーミンだよな〜年代的に。

ご当地、なにやらとんでも企画なのだが、駅に図書館みたいなのが
できるらしい。誰が考えたのかわからないが、うーん、スーパーや
パチンコ屋と考えるんだよな〜しもじもの発想は。マンガ喫茶なら
いきたいよな〜と。多分マンガくらいはおいてあるだろう。週刊誌
もあればなおいいよな〜と思う。

ということで「宇宙図書館」きいて準備はじめるか。なんとなくの
イメージで

今日もワンダフルな日になりますように
posted by クール at 05:39| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする