2018年03月07日

素敵な年の取り方〜未知との遭遇〜

 とある未確認物件についておとといから動いて
みたのである。おととい、訪問。「なな」年前に
本人と玄関先で5分ほど話したことは記憶にある。

今回の訪問。まず奥方に初めてあう。話をしてて
プライドの高いところは、垣間見えるがそれが逆に
凛として心地よく感じられたのである。ご主人を
いたく尊敬してまた現役を退いたご主人を好きに
遊ばせている今なのである。

「明日、朝一できます」と伝えて昨日訪問したのである。
実は、おとといの夕方にここはくどいのだが、インターホン
越しに訪問していたのである。これはわざと訪問した
のである。ご主人がかえってくる時間はきいていたのだが
それより早く訪問して、たびたび足をはこぶという
印象を植え付けたのである。

そして昨日の朝駆け、はじめの5分くらいは玄関先であった
のだが、話をききたいと思ったのだろう。家にあげてくれた
のである。でも、ここで慌ててはもったいない。頭の中で
次につながる展開だけ考えていたのである。

「どうすれば次につながるだろう・・・」該当する物件以外に
興味をもってくれたのだが、年齢的におすのは少々しのびない。
が、ここは営業マン失格かなとすこし後悔はしたのである。

「武士は食わねども高楊枝」いやそうじゃねーだろ、的な
感じぃ?

都合20分くらいだったけど、ご主人も奥方も素敵な年の
取り方してるな〜が率直な感想であったのである。

「なな」年前に現役のときにあったときは、まだ「荒ぶる」感じは
あったのだが、昨日はそれが消え、穏やかな優しい印象で
ときおりみせるプライドもイヤミに映らず、品がよくネチネチ
してなく「ミチミチ」していたのである。

ということで今日もネチネチじゃなく、未知未知とワンダフル
な日になりますように

ネチネチはよくないね〜気をつけよう
posted by クール at 07:22| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする