2017年11月03日

宅建協会創立50周年記念祭典

 かつて「逆神の女王」と呼ばれている女優アイドルが
いたのである。その女王は、今や「幸福の女神」に反転して
いるのだが、その方の伴侶は宮崎市で生まれ育ち、ご当地にも
いたことがあり、リオオリンピックにおいて男子柔道7階級
全部メダル奪取を牽引した監督として大きな勲章を手にした方なの
である。

昨日、宅建協会創立50周年記念祭典のオープニングを飾ったの
は、全日本男子柔道監督である「井上康生」さんの講演会だった
のである。「素晴しい」その一言に尽きるかなと。現状に甘んじる
ことなく進化・前進が命題。内容は深すぎて。でも、機会あるなら
聞かない手はないかと思う。これはほんとに「感謝」なのであった。

それから、大宴会へと。宴会のオープニングは不動産屋らしく
「三味線」。すこしイヤミな実行委員会の趣向はきらいじゃない。

「らしく」でよかったと思う。その後、太鼓。これは圧巻。で、最後が
「KEIKO DANCE SCHOOL」による演舞。

場所は、宮崎観光ホテルであったのだが、「みやかん」といえばWBCの
選手が宿泊するところ。キャンプ地宮崎の代名詞みたいなところなの
である。きたる11月27日?だったか女子ゴルフの1年の総決算。
「リコーカップ」の選手も宿泊するところなのである。

今年のリコーカップのキャッチコピー

「真の女王は、宮崎で決まる・・・。」なかなかよいコピーだと思う。

最近は、おとなり韓国の選手にタイトルをとられてる模様。日本人の
活躍を期待するのである。「アンシネ」はこないみたいなのであるが
来年は来て欲しいのかなと。

とにかく2日間の滞在であったのだが、閉店してるお店、しかも一日
違いで立ち会えず・・・そういうこともあり、いい祝賀会に立ち会えたり。

つきるところ「いってこい」プラマイゼロがやっぱいいことかなと。

今日は旗日だけど、動こうと考える。今日も正しく真っ直ぐにしたたかに
なのである。

カレンにカレイに動いてみようか、たまには。
posted by クール at 07:55| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする