2017年10月20日

一日千秋(いちじつせんしゅう)

 待ち遠しいことのたとえに「一日千秋」という言葉が
ある。今の自分にとっては、季節柄・・・やっぱりはやく
日曜日のレースがみたい。これに尽きるのかなと。

「とき」というものを待つ。そこにいきつくまでにいろいろ
なことが起きる。それでも進んで「とき」を待つのである。

昨日、ある親子の「ある思い」をみた。貴重な体験をしたの
である。言葉では非常に表現しづらいこともあるのだが。

鮭(シャケ)という魚もいる。鮭は自分が生まれた川を知って
いて必ずその「とき」がくると戻ってくるんだとか。

昨日に今年の「菊花賞」の枠順が発表になった。1番に「ブレス
ジャーニー」旅を祝福するという名前の馬が入ったのである。

予想はあらかた終わったのだが、まだ迷うところもちらほら。

かなりすっきりしている今日の朝なのである。今日も正しく
真っ直ぐにしたたかに仕事していこう。

秋がどんどん深くなっていくのである。来月になるのだが
宅建協会宮崎支部の50周年の集まりがある。節目になるの
である。いくことにしたのである。講演は宮崎出身の金メダリスト
の「井上康生」さん。現在は、全日本男子柔道部の監督を
している。多分・・・一般の人もきくことができたとか。

お問い合わせは、宅建協会まででということでいいのだろう。

しゃれもきかないおちもない、そんな日もあるよな〜仕事は
おちがないほうがいいのだが。
posted by クール at 07:22| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする