2017年09月24日

光と影そして闇

 昨日は、12時半過ぎにある物件が次のステージに
いけるかどうかのジャッジメントの日であったのだ。
何度、こういう場面に直面してもほんとになれないの
である。まして今回の案件は競合してる案件なのである。

なるべく欲をなくすようには心がけているのであるが
そうはいってもやっぱ人間だし、心のなかで「そろばん」
ははじくものなのである。「あきない」をするひとで
そろばんはじかない人は多分いないだろう。

話を発展させるのだが、先月?いや今月だったか、桐生
選手、東洋大だったかスプリント選手。日本人ではじめて
100Mで10秒をきった選手なのである。意識をこえたとき
光が飛び込んできたのであろうか。壁を突破したものしか
見ることの許されない光。

水槽に水をはって息をとめて顔を突っ込む。相手の存在は
あれど、どこまで顔を上げずに意識を保つことができるか。

昨日は、ほんとに過度の緊張(ストレス)にでくわしたの
である。いや〜久しぶりのテンカイだったなと。迷惑かけた?
いや・・・まだまだ甘いところあるのである。

でも暴発はせず時をまつ。海岸にいったのである。うみかぜに
あたり落ち着きをとりもどす。うみを離れてから12時過ぎに
電話がなった。

結果・・・月曜日まで持ち越しとなったのである。

でも、もうあらかたの未来はきまっているんだろうな〜という
ことで相手側と話しながらそう感じたのである。

今回の案件も幾多の布石打ったかは数えていない。防し、いや
帽子何個まいたかな・・・それだけじゃない。いつもそうだし
そんなには気にはしなくなったのだが。

まーつきるところケセラセラ。金曜日の段階で、「うらみっこ
なしだよ!これからの付き合いもあるんだし」といわれていた
のであるが、まさにそのとおりなんだよな〜今回のお客様に
関しては。先代もどこかでみてるだろうし。いずれにしても
どういう方向性になろうとも、闇(やみ)、病みらないのよう
にせねばな〜違う案件もあるわけだし。

ということで、とある場所に手紙も今月までにださないといけ
ないし。今月のノルマはやっていこう。

そして、そろそろあるものかきはじめないと。やっぱりかきはじめ
は、【暗い「あらし」の夜だった】にしないといけないのであろうか。

光と影そして闇。すべてを包括したときに見える世界もあるよな〜
とも感じる。

すべての事象は、ある到達点にいくまでの全部プロセスなのである。

そこにたどり着いてもまた、あらたなゴールが用意されるんだよな〜
いやいやほんとに長い道のりだこと。

今日はゆっくり休もう。気分をちらして海でもいってくるか。
posted by クール at 06:45| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする