2017年08月03日

自分の都合・他人の都合

 「都合」を辞書でひくと、なにかをするときにほかの
ものごとに影響する事情とのっている。

来週は、お付き合いが2つほど入ったのである。ゴルフ
いれたら3つかと。送別会に、お神輿の打ち上げ。まだ
まだ暑いのでほどほどかなと。

で都合の話なんだけど、一番有名な使い方は、一身上の
都合なのかと。最近では都合のいい・・・なんていうのも
ある。

自分の都合と他人の都合が見事あえば、いろいろなものは
丸くいくんだよな〜と、でもこれもなかなかそういうわけ
にはいかないのがほとんどではないだろうか。

他人が望む、なにかしらの思惑で自分に投げかけられても
それは、それで調度よくというのはなかなか難しいという
ものである。

これを仕事としておきかえるとすごくわかりやすいのだけど
介在するものをすきまにうめる。これで万事解決なのである。

昨今、物々交換を斡旋するサイトがものすごい勢いでのびて
いるのである。これも貨幣経済衰退の一因を担うとよばれて
いる。

介在するものが、まだまだ金銭なんだけど、必ずしも金銭じゃ
なく、ほかのものでもいいと思うのである。

とかく、この世はせちがらい。自分の都合、他人の都合。
綺麗事、思惑では、なかなか溝はうまらないのである。なにを
介在させるか、必ずしも金銭、ものだけでないもの。自分たち
の仕事でいえば、対価に結びつく情報。これかなと。

でも情報というのは、これこそ都合によりいかようにも変化
していくので、ご使用には要注意なのである。

すべての欲望を消し去るのは不可能だが、澄み切った心で
みると情報はものすごく生きてくるんだよな〜と思うが、まだ
まだ道半ば。

昨日、宮崎市の知人より電話がなった。知り合って10年目で
初の電話。点と点が結びつけばと思う。やっぱ・・・佐土原が
きいてるよな〜と感じたのである。

今日は20時よりゴルフの練習。それまで正しく真っ直ぐに
したたかに。ほんとに「チェンジ」していかなきゃな。
posted by クール at 06:35| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする