2017年04月11日

北風くんの名誉の為に

 実は、昨日の「北風と太陽」にはある話があり、北風くん
はコート脱がせる対決では太陽には負けていたんだけど、
帽子を飛ばし対決では太陽に勝っていたというもの。

諦めていることを強要されて、素直に聞くような北風くんで
はないということなのである。

昨日はものすごい雨が一日中降っていたのである。特別、急ぎ
のことがなかったので書類整理していたのである。

今、世界中いたるところで、不穏な恐ろしい炎が上がり始めたので
ある。第三次大戦があるとしたら、発火点は中東であることは、
予測されていたのである。

昨日、アメリカの国務長官のコメントを聞いて、日本は関係ないと
は思う国民はもういないだろう。平和を享受し続けた、そして
あまりにも非戦に対しての活動が単なる錬金術であったということ。

今、アメリカの空母2つがきているのだが、声をあげて非戦活動してる
団体はあるのだろうか。もしてかして動いている団体はあるかも
しれないが。

今年戦後72年をむかえる年なのだが、時代の流れなのだろう。世界が
新しい秩序を求めているのは、とめれない現実なのである。

まぁ〜末端の不動産屋風情は、現在「あきないびと」今日も正しく
真っ直ぐにしたたかに仕事していくのみ。

しかし、なんで太陽政策をやめにしたのだろう。今度調べてみよう。
太陽だけにはさからったらやっぱいけないよな〜

北風くんの飛ばした帽子は谷底におちていったんだろうな。そうだった
気がする。

「あの帽子どうしたでしょ・・・あれは好きな帽子でしたよ」

北風くんの運命は如何に つづく
posted by クール at 06:44| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする