2017年04月10日

北風と太陽、そしてサツキ

 今日も朝から雨模様。どうも雨が多い春なのである。
昨日、桜花賞が終わったあと、とあることを思い出した
のである。多分、相当自分がわかいとき、ある論文を
かいたことを思い出したのである。

勝ち続けることからくる恐怖、負け続けることからくる
快感のタイトルだったと思う。

昨日のニュースで体操の内村選手、日本選手権において
10連覇達成の見出し。コメントがかなり深かった。

「地獄ですよ、でもそれでも後輩のためにやっていきますよ」

ほんとに超一流のアスリートのメンタルは相当なものだと
思う。欧州では、超一流のアスリートの地位は抜群に高い。
日本も最近ではそういう傾向になりつつあるのである。

話はかわり、サイコロ博打に「チンチロリン」というのが
あり、そのセオリーのなかに「産(さん)で死んでも苦しく
ないが4で死ぬはよくない」というもの。桜花賞で4連敗。
前半のダービーまで、あと5戦、予想だけ楽しむことにしたの
である。ダービーのときにあるネタを披露することになるが
それはおいおいと。

そして桜花賞のあと、うかんだ逸話はもうひとつあり
「北風と太陽」の話を思い出したのである。詳細は、かかないが、
無理にこじあけようとしてもそれは無理というしろもの。

意固地になればなるほど事態はよくなるどころか、悪化して
いくというもの。自分のくだらない見栄やプライド、そして
欲望のために動くことがどれほど愚かなことかという話を
思い出したのである。

今週は皐月賞だが、予想だけ。実際にすれば、幸運の女神
がそっぽむくどころか・・・大きい鎌をもち黒い袈裟をはおった
ドクロに遭遇する気がするのである。わりとまじな展開だと
思うのである。月にかわってお仕置きとセーラ服をきた平手ゆりな
ちゃんに怒られるくらいですめばいいほうなのである。

ここで、サツキという花なのだが、山奥のしかも高い岩場という
厳しい環境の中で見事花を咲かせるのである。

サツキの花言葉、頭にたたきこんでおこう「節制」。

今日も正しく真っ直ぐにしたたかに仕事していこう!競馬と反比例
して仕事がわりかし順調なのは、やはり競馬で毒流しできている
かろうだろうか・・・6月までのノルマ、あと残り2つほど。

まだ完全ではない2つもなんとかいけるだろう。ということで
あと2つ。頑張っていこう!「二件セゾン」なのである。

今日も、欅阪46なのである。なんのこっちゃ
posted by クール at 08:21| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする