2017年04月05日

修羅の刻印

 まだまだ朝はよく冷えるのである。昨日、都合8年にも
およぶ管理物件ともいよいよおさらばなのか〜という気持ち
になった。今年当初、とある同業に相談をしていたもので
ある。

関係各所はなかなか手ごわいのは、重々承知していたので
うかつには動けなかった。流れのままに、ほんの2週間前
になるのか、新しい出会いに恵まれ、そして昨日、役者が
揃った!という感覚をもつことができた。

不動産業は、お金を稼いだあとのことが大事なこともある。
賃貸借は、そこがはじまりであり、売買にしたって瑕疵担保
の問題もでてくる。いかにダメージをおわずこなしていけるか。

リスクヘッジをうまくしていくのも命題なのである。

ということで、スタートラインにたったのだからもうとめる
ことは今のところ微塵も考えがおよばないのである。

それと・・・都合3年の計画もいよいよ修羅の刻印のしどきかなと
思ったのである。

意識がきえる感覚。血が逆流する感覚。クールくんがケルベロス
になるのか〜

今日も正しく真っ直ぐにしたたかに。

結局、そうなるようにはじめから決まっていたのだろう。

いざ整理屋・・・本領発揮できる案件はわくわくするのである。
posted by クール at 08:57| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする