2016年09月30日

だいたいこんな感じです〜本日、9月さいごうーどん!〜

 幕末の英雄、西郷隆盛。その西郷隆盛さんを題材にした
小説「西郷どん(ぜごどん)!」が注目をあびているという。

著者、林真理子さん。今日は仕事の合間に本屋にいき買って
みようと思っていた本なのである。

勝海舟との会談。江戸城無血開城から、武士の世を終わらせた
西南の役を経て、明治維新は完結。260年続いた徳川幕府を
終わらせただけでなく時代を大きく変えた人々の中でも、偉人中の
偉人という感じを自分はもっている。

もともと下級武士であった西郷さんや大久保さんどういうものの
考えをしていたのだろうか。時代の流れにのっただけなのだろうか。

来月、ご当地で「エンジン02」というイベントがある。昨年、林真理子さん
が座長で「エンジン01」というイベントがあった。大変よかったと記憶
している。

今回は「食」をテーマにするらしい。自分としては「色」をテーマにつけ
くわえてほしかったかなと。食と色、どちらも「気」がないといけないもの
なのである。

今月、後半は幾分「気」がない仕事ぶりだったと猛省。来月は「かみさん」も
いない月だけに思い切りあばれようともくろむ今日。

かみもほとけもいるものか。さてさて・・・まさに今なにをやるべきかよく考え
クールに仕事していこう。つきるところ「だいたいこんな感じだな〜」

自分が判断して正しいことなんかあるものか、常にいいかわるいかの判断は
第三者の見識に託されてるという意識をもち今日は仕事してみよう。

たかだか自分の考えなんぞ・・・まだまだおこちゃまもいいとこなのである。
だいたいこんな感じなのかな、まる。
posted by クール at 07:56| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月29日

いつもこんな感じなのか?

 さて今日もはじまったわけなのだが、ここ数日おかしな天気
と台風の影響であたたかい風のおかげか妙にむしあつかったの
である。

暑さ寒さも彼岸までというが・・・

今月は前半と後半でまったく逆というか、趣が180度かわった動きを
している。前半はとにかく動きまわり、後半はポイントだけ。

そこでやはり思ったのが「身体が一番の資本」ということなのである。

なにはともはれ、身体を大事にしないとなにもできないのである。
9月も明日で終わる。ことのほか案件に恵まれてる感じがある。やるべき
課題があるというのがどれだけありがたいことか。

昨年くらいからか、ご当地不動産業の新規開業者がけっこういるのである。

初心をたまには思い出してみよう。いつまでもたっても初心なのであるが。

ということで今なにをやるべきかよく考えクールに仕事していこう!あすが
終われば今年も残りラスト3ヶ月なのである。ほんとにはやいものである。

来年の大きいテーマももう決めてあるのである。頑張っていこー!
posted by クール at 07:37| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月28日

きつねの嫁入り

 昨日おとといのことなのだけど、いいお天気なのに雨が
ふっていたのである。通り雨だったのであるが・・・

そういう天気のことを日本では「きつねの嫁入り」とよんで
いるのである。

文字通り、うん?化かされているとでもいっていいだろう。

ということできつねの嫁入りをすこし調べたのだが、「怪火」とも
よぶ地域もあり、また「怪火」の列の長さで今年の米の収穫を占う
地域もあるみたいなのである。

というわけで、先ごろ、知人のためにウェディングドレスをつくっていた
某所に一昨昨日いったとき

「今日は○○さんお嫁にいくのですか?」と訪ねにいくと、そのウェディング
ドレスどうやらお嫁にいったらしいのである。また、そこの家にはおきつねさんが
まつっていることもあり。稲荷信仰の話になり、自分どうやらうそを覚えていた
みたいなのである。そこに居合わせた方が

「クールくん稲荷信仰はおきつねさんを信仰するわけじゃないんだよ、あれは
あくまでマスコットみたいなもので・・・稲荷信仰は、「鏡」を祀るのがほんと
なのだよ」と。

おとなりの日向市のひょっとこ踊りを思いだし、そうなのか。ひよっとこでは
手にもつ鏡をみるしぐさを踊りにいれているのである。そうか〜そういうことだった
のかと改めて感心してしまったのである。

話はかわり、自分たち不動産業においても、中古住宅のケースなどにおいても
なるべくそこにある「鏡」はかえたほうがいいということは買い手にアドバイスして
いるのである。

過去に一度ほど、賃貸の案内のときに、借りようとしてた女性が等身代の鏡の存在に
きづき、その物件をかりなかったのを思い出したのである。そういうことだったのかと。

「鏡よ鏡よ鏡さん・・・」そういうセリフがでてくる物語もあるのである。

とにかく「鏡」というものは、そんなにやわなものじゃないなと改めて思い知った
ここ数日なのです。ということで、今日もなにやら、「日はてりてり、雨はふるふる」
いや「日はてるてる、雨はふりふり」かそういう天気になりそうな気もする。とにかく
怪しげな天候がつづいているのである。そうだ!鏡にきいてみよう、そしてお祈りして
おこう。

お妃がおこらないように、存在を明らかにしてはいけないことも世の中には
いっぱいあることを肝に銘じて、今なにをやるべきかよく考えクールに仕事して
いこう。

いや・・・自分もあらためて今日の朝、鏡のまえにたち念じてみよう。
「鏡よ鏡よ鏡さん!世界で一番・・・」いややめておこう。インコ飼おうかな〜
やはり。そういう朝なのである、まる。今年はクリスマスあたりに白い雪がふる
といいと思うのである。

なんだかな〜男性は常に化かされているのだろうか、そこが問題なのである。
posted by クール at 06:27| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月27日

全部こんな感じです

 今年の9月はとても不思議な月であった。なんというか、自分の
なかでこだわりが一枚一枚はがれていってるような感じである。

基本どこがどうかわったのかはわからない。

髄分まえのテレビ番組。ブギ三部作というのがあった。
「ママハハブギ」「予備校ブギ」それに「ADブギ」なんとなく
おもしろかったのは記憶している。

熱い時代だったのだろう。

とにかく「ほっとけない!」自分を含め、そういう中に身を置いているのかなと。

今なにをやるべきかよく考えクールに仕事していこう。ほんとに今月は不思議な
な様相を呈している9月なのである。

意識はあまりしていないが「七変化」。頑張っていこー!
posted by クール at 07:08| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月26日

全部こんな感じなのか?

 9月も最終週となったのである。不動産用語は今週は休みに
してしまおう。

10月の第4週に今年からなった?宅建取引士の資格試験。とても人気の
資格というか、土地建物を扱う機会の多い不動産業だけじゃなく
金融・保険の方も試験にうけにくるので必然的に多くなるのである。

なんとなく・・・なにかの足しになってくれればと思い、今年の春から
はじめたのかなと。

話はかわり、昨日の海ガメカップすこしだけ覗きにいき、ほんとに
いい大会だな〜と感じたのであります。来年も開催されること、ほんとに
願っています。自分ももっと海に入りにいこうと思うのでありました。

ということで他県からの人が今年も多かったと思うのだが、くるときは
おそらく高速から国道10号のアクセスできた人がほとんどだったかなと。
218周りもそこそこいたとは思うんだけど。寄るところはやはり「道の駅」
一択なのであろうか・・・昨日あらためて市街地を車で流したのだが。

他県から来る人がこの市街地をみたとき。

「全部こんな感じなのか?」という声が聞こえてきそうであったのである。
かなり目に付いたというか、かなりのひとりごとなのだけど、今駅舎の
改修工事をしているのだけど、臨時駐輪場がなぜ表通りの一番目につくところに
ある?いや以前からかこうかこうと思ってたのだけど。なんかいろいろなものを
醸し出してるな〜いやここまででとめて置くのであるが。

そういうわけでそういう中にありながらも、25歳の若き関取が今場所もご当地を
元気にしてくれました。琴恵光!自力ついてきたんだろうな〜勝ち星を重ねる
たびに顔つきに自信がでてきたというか。勝っても負けても表情がたんたんと
してた力士だけに今後がますます楽しみになってきたのである。

でも、海ガメカップにくるかたは、このご当地の無理をしないスタイルがとても
好きという。無理をしないスタイル。うん、やはり無理はいけないな。

ということで今なにをやるべきかよく考えクールに仕事していこう。
posted by クール at 07:12| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月25日

速報!第15回海ガメカップ

 本日久しぶりの2回目のブログ。ご当地で開催されている海ガメカップ。

今年も無事に本日開催されています!今朝方は曇りの天気なれど、現在快晴。
波は今年も上々。海ガメカップのときの波のコンディションはほんとに
神様がいるの?っていうくらいに波があがります。午後もこの調子でいく
でしょう。

宮崎県はもとより、九州各県よりサーフィンをしてる方がこの大会に
やってきます。

大口のスポンサーは他県からの会社。今年も目玉の特別賞はバリ島旅行。

最後まで無事に終えること願っています。夏最後のご当地のイベントとして
つづいていくことを願ってやみません。

やっぱり海っていいよな〜

今年も協賛だけ参加することができました。
posted by クール at 11:58| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

やっぱり吾輩は猫になりたい

 久々に、新聞のテレビ欄をみてみたいドラマがでてきた。
おそらく何年ぶりだろう。5〜6年ぶりなのか。

夏目漱石の妻というタイトル。俳優さんも今が旬な役者さん
である。

夏目さんにあやかったというわけじゃないが、今週は胃の調子が
どうもかんばしくなく・・・これ原因ははっきりしている。
ストレスであったと思う。今日つつがなくゆっくり休めばかなり
回復しているので大丈夫だろう。

期待通りドラマは面白かった。厭世主義の夏目さんが複雑な家庭環境に
身をおいていたとこまで事細かに描写。また、その奥方もお嬢様なれど
当今でいうところの「メンヘラ」。まぁお互い似たもの同士といった
ところなのだけど。この夏目さんが度肝をぬくとんでも小説家になるとは
当時の人はだれも想像しなかったはずなのである。

ということで来週がまちどおしいドラマに久々に遭遇したのである。

やっぱり・・・猫になりたいと思うのである。猫っていいよな〜気ままで

寝たい時にねて、食べたい時にたべて・・・これは飼い猫のケースなのであるが。
野良猫だって寝たい時に寝てをしてるわけなのだが。

夏目漱石さん生誕100年。夏目さんどこぞの飼い猫になれているだろうか。
どうせ猫にうまれかわっても斜にかまえているんだろうな〜人間のときと
おなじように。そんな気がする。しかし、奥方も相当な人だったんだなと
思ったのである。

ゆっくり休もう。太田胃散がやはりいいのだろうか・・・まだ本調子じゃないな。
posted by クール at 08:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月24日

夜露に濡れる森を抜けて

 今月はことのほか重い物件プラス付き合いが多く見事昨日
悲鳴をあげていた身体が最高潮にきてしまったのである。

身体がカチコチ肩張りまくりんぐ。季節の変わり目と重なった
のも要因だったと思う。

今朝はすこしは回復している。

3つほどの重たい案件。人はそれぞれ自分の都合でものを考え動く。
ごくごくあたりまえのことなのであるが。そういう状況でもタクトを
振り抜く気概を忘れない。そういう仕事についている自分なのである。

時にピアニッシモ、またあるときはフォルテ。仕事においての指揮者は
常に自分なのである。相手がだれであろうとまったく関係ないのである。

今月あるシーンが脳裏に焼きついている。わんちゃんなのである。わんこちゃん
はなにを思う。

すがるような瞳、風にたなびくさま。今日できることは今日やっておこうか。
極力無理はせず。

つきるところメンタルの問題なんだよな〜まだまだ線が細いなとすこし反省。
まさに今なにをやるべきかよく考えクールに仕事していこう。

誰もが通りすぎる道しるべなのだろう。つきるところ。
posted by クール at 07:42| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月23日

簡単料理2

 やはり、なんといっても食欲の秋。ごはんがおいしいのである。

今日の簡単料理は、「肉うどん」基本、麺類はごくごく簡単にだれでも
つくれるのである。

材料は、白だしにかつおほんだし、濃口しょうゆ。これがつゆ。
あとは牛肉スライス、白ネギ1本にしいたけ、これは今ほんとにきのこの
季節なのだけど、肉うどんにあうきのこは「雪国まいたけ」最強なのである。

これだけの材料で10分かからず、お店の肉うどんの味があじわえるのである。

白だし、これほんとに便利なものがでてきたのである。お湯をはった鍋に
白だし、かつほんだし、濃口しょうゆをお好みで。

その中に、牛肉スライス、白ネギ、まいたけをいれ一気に沸騰させてアクを
とる。そこの冷凍のうどん玉をいれるだけなのである。はい!できあがり。

この料理、実は大阪の朝で有名なところがあるらしい。以前たかじんさんが
テレビでいってたのを記憶している。二日酔いの朝の大阪の通の朝ごはん。

肉うどんの玉抜き。つまり、うどん玉をぬいてつゆと牛肉とネギのたっぷり
はいったお汁をのむというもの。これに銀シャリに生卵。ここで玉がでてくる
のである。正式名称、大阪名物「肉吸い」なのである。

これは、ほんとに簡単なのである。

食欲の秋。やっぱり、食い倒れの街「大阪」最強なんだろうな〜

今なにをやるべきかよく考えクールに仕事していこう。ももくろちゃんで、
黄色のたまちゃんはべっぴんさんやな〜。かえすがえす食欲の秋到来なのである。
posted by クール at 08:46| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月22日

最高のミステリー〜合筆〜

 数筆の土地を合わせて1筆とすること。土地の物理的な
状況に関係なく登記簿上の所属籍を変更する人為的な処分である。

今月というか、多分7月だったかと思う。ある2つの案件を同時
並行でしているのだが、はじめに情報を仕入れ、ファーストコンタクトを
したのが7月。

ひとつは、じっくり間合いをつめてきた。もうひとつは、来年に
もちこしかな〜という具合に動いていたのだが、意に反して
来年にもちこしかな〜と思った案件のほうがトントン拍子。
役者も揃いに揃って機運を迎え収穫の時期を迎えそうなのである。
しかも稲穂の収穫の時期と重なりそうなのである。

一方、間合いをつめてきたほうが・・・現在ぼっかりとエアポケットに
はいってしまったのである。さながらこの間みたヘリコプターみたい
なのである。

そんな中でも、一歩づつ一歩づつ足跡は残している。こちらは顔で笑って
心でないてる感じなのである。う〜んやっぱり笑顔が肝なのだろう。

おそらく自分が変われば明日が変わるのだろう。

話はかわるが、今日は付き合いがかれこれ8年になるのか、とある方の誕生日なのである。
ステージにたつことが好きな方なのである。年甲斐もなくアイドルというか芸事
が好きな方なのである。おそらく芸能プロダクションにはいっていたほうが
よかった感じも受けるのである。

今日はゆっくり休んで、明日から、最高に最強で最上の最大のミステリーを解読
する感じで頑張っていこう。

時をこえ時代をつむぎ・・・最高のヒストリーになることを願っているのであるが。

とにかく間合いをつめていこう!三軒屋万智なら、なんなく動かすんだろうな〜
おなごには負けられませね。
posted by クール at 08:25| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月21日

THE ゴールデン〜建物図面〜

 建物を新築したときなどの表題登記の際に添付する図面。

500分の1の縮尺(この縮尺によることが適当でないときは適宜の
縮尺によることができる)により一個の建物(付属建物があるときは
主たる建物と付属建物をあわせて一個の建物とする)ごとに作成し、
主たる建物又は付属建物の別、付属建物の符号、方位、敷地の形状、
その地番及び隣地の地番を記載して建物の位置及び形状を明確にする
図面である(不動産登記規則82条)。

というわけで今日がはじまったわけだが、昨日は新しい出会いがあり
また再会もあったのである。

台風一過のあと、なんなく快晴になり外で仕事をするはめに・・・

とりわけ新しい出会いというのは、気分を新たにしてくれるのである。

収穫の時期目指して今日もいまなにをやるべきかよく考えクールに仕事しよう。

あの物件はどうだい?この物件はどうかな?最高の未来になるといいのであるが。
posted by クール at 07:40| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月20日

簡単料理〜ミートスパ〜

 とりあえず、雨風が強くあまりよくねむれていない。
午前中、それに午後もどうだろう。外での営業はおそらく
無理のような気がする。

昨日、雨風が強くなるまえに買い物。久々に料理をつくった。
最近はレトルトでも、けっこうな味が楽しめるカレーとパスタ。

いや、ここはあえての料理。なぜかミートスパが食べたくなり
過去の記憶をたどり・・・トマト缶、今やピューレまで売ってる
便利な世の中。これ2つに、なんといってもミートスパにはかかせない
ローリエ、月桂樹の葉。このハーブ、これ身体にものすごくいいの
である。それに合いびき肉。いや、やはり値段はすこし高いけど国産物。

ミートスパ、これ実に簡単。合いびき肉と玉ねぎのみじん切りをいため
そこにトマトピューレ2缶をいれことこと・・・と。使う調味料も黒白
コショウに塩、ここに自分ははちみつをいれるのである。どこかのカレー
と一緒なのである。本来ミートスパには砂糖は使わないのだけど、
はちみつがあまさをだしてくれるのである。

このはちみちは、もうすぐ味をたのしめる栗きんとんクリクリさんとこ
から買ったもの。これは少々高かった。

ミートスパはやはりシンプルに合いびき肉と玉ねぎだけがいい!

で、食べ終わったあと・・・ローリエの効能がきいたのだろうか。なんとなく
血圧が下がったような感じなのである。

月桂樹、ローリエの花言葉も大変いいのである。「栄光・勝利」なので
ある。

マラソン選手がレースに勝ったときに王冠のかわりに月桂樹のクラウンを
頭につけるのである。

というわけで・・・味の方は大変満足。できあがって2時間くらいおいといて
食べる前にまた温めるのがおいしいのである。だれにでもつくれる簡単料理
なのである。

さてさて身体のつかれもほぼとれたけど、ほぼ内職な日になりそうなのである。
posted by クール at 06:52| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月19日

ひとひらの花

 連休3日目。ゆっくり身体を休めることができている。明日は
台風。おそらく営業にならない。めぐみの雨となりそうなのである。

ほんとに、毎日というか「ここだ!」と思った物件の階段がひとつ
あがるたびに、ひらひら舞い落ちる花のような気分もある。

で、また体力が回復すると、頑張れるのである。

花の慶次の「ひとひらの花」という名曲をきいてるわけなのだが、
日本人に生まれてよかった〜と思えるのかなと。

花鳥風月の趣って、多分日本人独特の気質なんじゃないかなと思うのである。

花は咲良(さくら)、秋の桜も今きてる台風がすぎれば、みれることになる
だろう。春は、ひだまりの中で、秋は、行灯のあかりの下で。

ゆっくり休んで、今月もうひとふんばり。花は咲かすことができるだろうか。

最高の、最上の、しかも最短で。いや〜秋もなかなか熱い秋になっている。
posted by クール at 08:19| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月18日

未確認飛行物体?遭遇〜街ゼミ参加〜

 現在ご当地の商店街連合会が「街ゼミ」なるものを
来月のはじめくらいまで市内各所で開催する予定になっている。

昨日ひょんなことから、この街ゼミに参加したのであった。

なんとなく感じは悪くない。発表の場があるというのは非常に
いいことなのである。ご当地奥ゆかしい人が多いので、こういう企画を
あげて市民との垣根が近くなるのはとてもいいことだと思ったの
である。

常時開催されるといいものになっていくと思うのである。

と・・・枕はここまでで、昨日のことなのだが街ゼミから車でかえる途中
のことなのである。田舎とはいえど、市街地にはいれば4階や5階だての
建物はそこそこあるのだが、その隙間にヘリコプターをみたのである。

「え?こんなに低く飛んで大丈夫なのか?」と思ったのである。時間にして
5秒ないくらい、確かに目に写り移動してるのがみえたのである。

が・・・その市街地をぬけて橋にかかると視界が広くなる。

「え?さっき飛んでたヘリコプターは・・・」ヘリコプターがみえないのである。

あれはなんだったのだろう。錯覚なのだろうか、脳が誤作動おこしかのだろうか
その映像をみたとき、不思議に思ったのが音がしなかったので不思議だな〜と
思ってたけど、やはりあのヘリコプターはなんだったのだろうと不思議な体験
であったのだ。

今週は、そこそこ忙しく、神経をつかう場面も多かったので思考回路がショート
したのかなと。今日はゆっくり休もう。明日も旗日か〜その次の日は台風か〜
今週頑張っててよかったと思う。
posted by クール at 08:12| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月17日

かせいふはみた!〜共同担保目録〜

 甲不動産が乙不動産とともに、ある同一の債権を担保する
ために担保権の客体となっているとき(共同担保)は、一覧表
である共同担保目録を作成し、これを担保権の登記で引用する
ことによっている。

担保権の客体となっている場合、甲不動産についてする当該登記に
おいて乙不動産を表示することによっても共同担保であることを公示
することは可能であるが、物件が増加した場合、登記記録が煩雑化し
一覧性が損なわれるので、共同担保目録を作成し、共同担保の関係に
ある各物件の担保権の登記記録でこれを引用することによって、物件の
増減を把握する取扱がなされている。

なお、登記事項証明書を請求する際に、共同担保目録に記載されている事項は、
請求のない限り省略されて交付されるので、共同担保目録が必要な場合はその旨を
特に請求しなければならない。

昔のテレビドラマのヒット作品のなかに「家政婦は見た!」というのがある。

昨日、お昼頃テレビをつけると、ふりしきる雨の中、綺麗な方がなにやら会見を
していたのである。なかなかうまいことをいっている。さすが、京都生まれ京都育ち。

さらっとなんなく会見もやりすごしてしまうのである。強い女性というイメージなの
である。ほんとに思う、女性の時代なんだろうと。

運命共同体である、旦那様の風評被害も見事幕引き。ご褒美は車か、はたまたキャッシュ
オンリーなのか。知る由もないのであるが。

さてさて、今日も顔を壁から半分だけだして、見聞きしたものは、井戸端会議にもって
いってと・・・自分も、もはや「おばたまさこ」通称オバタリアンの仲間入りなのかと
思うと悲しい一面も。

今なにをやるべきかよく考えクールに仕事していこう。昨日みたわんこ、なんとかコッカー
にミニチュアダックス2匹、やはりわんこも可愛いのである。
posted by クール at 08:49| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月16日

振り子の法則〜精算金〜

 土地区画整理事業に係る換地の位置や面積については、
それぞれの従前の宅地に見合うよう、設計の段階で出来るだけ工夫を
するが、測量や工事などの技術的な理由などから、どうしても若干の
バラツキが生じる。

土地をまったく同じにすることは不可能なため、土地区画整理前後で
生じた不均衡を清算するために、清算金制度がある。

清算金の算出に当たっては、従前の宅地等と換地等の位置、地積、土質、
水利、利用状況、環境等を総合的に配慮するものとされている。

自分の人生があと何年残されてるか知る由もないが、なんとなく普遍的な
原理である、「振り子の法則」は意識してもいいかなと思う今日の仕事
なのである。

おこった分だけ、冷静沈着になり、泣いた分だけ笑いがあり・・・
人にした分だけ、人からめぐみをもらえる。自分がかつておしえてもらった
金言。

「自分の欲しいものは、人にあげなさい。そうすれば、欲しいものは手に入るよ
そういうものだ」

多分、世の中で一番欲しいものといわれて大半、いや99%の人は、おそらく
「お金」というだろう。「ごはん」という人はごくわずかの部類にはいると
思うのである。「愛」と言う人もいるだろう。

でもやはり「お金」と思う。お金が欲しいならあげればいいのである。

実に簡単な原理なのである。今日のお客様は、これを実践してきた人なのである。
自分の感覚では8割がたうまくいくと思っている。自分から、物件のセールスポイント
を文章にしている。はじめての経験なのである(笑)

うん?必死やな〜こういうとき底意地の悪い自分は悪巧みを考えたくなるが、
お金も欲しいので全力投球するのである。

レバレッジ?でいいのか・・・その人の天運・時運そして地の運はいかに。

あ・く・まで自分たちは「仲介人」ですから

今なにをやるべきかよく考えクールに仕事するとです。さて、今日はどこの
えさ場にいこうか・・・舌をだして温度調節しながら頑張るとです。

今日は花の金曜日なのである。慶次も喜ぶ花金なのである。
posted by クール at 07:51| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月15日

CHECK MATE!〜法面(のりめん)〜

 宅地として使用できない斜面部分のこと。法地(のりち)ともいう。

自然の地形によるもののほか、切土や盛土により人工的につくられる場合がある。

不動産の表示に関する公正競争規約施行規則9条10号では法面も傾斜地に
含まれ、「傾斜地を含む土地であって、傾斜地の割合が当該土地面積の
おおむね30パーセント以上を占める場合(マンション及び別荘地等を除く)
又は傾斜地を含むことにより、当該土地の有効な利用が著しく阻害される
場合(マンションを除く)は、その旨及びその面積を明示すること。」と
定められている。

今日は、先週の大河ドラマでもでてきたのだが、戦国の世を終わらせた
関ヶ原の戦いがあった日なのである。

いつぞやのテレビで外国の軍事評論家の100人中100人が、東と西の布陣をみたとき
西軍の勝ちを予測したらしいというのをみた記憶がある。

実際は徳川家康率いる東軍が石田三成率いる西軍に大勝利。小早川秀明の裏切りという
説があるが、どうも、近年の研究では、はなから、小早川は東について戦ったということ
らしいのである。

いずれにしても、白黒ついた歴史的な日なのである。

自分の中では今年の5月19日が白黒ついた別れの日だったのだが、今日は白黒ついて
いい出会いの日にしたいのである。いわばスタートということにしよう。いわば
反転なのである。黒から白へ

白と黒、相反する色だけど、なぜか人の心を揺さぶる色なのである。

さてさて、今日のお昼は・・・白と黒のコントラストがまぶしい「のり弁」を
たべよう。

いずれにしても、今日は心の中で「チェックメイト!」と叫ぶ日にしよう。
そういえば・・・昨日きづいたのだが、車のダッシュボードのなかに、まだ
カロリーメイト残っていたな〜しめしめ。

まだまだ食い気の多いクールくんなのです。

今なにをやるべきかよく考えクールに仕事していこう。今週3回目の朝駆けから
が今日の仕事のはじまりなのである。

チェスはよくしらないのだけど、なぜかクイーンとビショップという名のコマが
あることだけは、覚えているのである。
posted by クール at 07:07| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月14日

炎と森のカーニバル〜切土と盛土〜

 丘陵地に家を建てるとき、斜面を削って平らにします。
これを切土といい、もともとの地面を切っただけですので、
地面は硬く締まった状態を維持しています。

一方、地面に土が付け足されて、平坦化することがありますが、
これを盛土と呼んでいます。盛土は土を盛っただけですので元の
地面より軟らかいのです。一般に造成地では切土と盛土の両方が
施されることが多く、切土地盤の上に盛土を行うといった造成が
見られます。

 ところが、盛土地盤はしっかりと締固めを行わないと雨などに
よって沈下することがあります。また、斜面や高台では土留め(擁壁)
工事も必要ですが、ここでもいいかげんな盛土や擁壁工事が行われると
崩壊してしまいます。たとえば盛土の中に瓦礫などが入れられていると、
そこに水がどんどん染み込み、地盤が緩んでしまって強度を失ったり、
盛土自体の重みで沈下を助長します。
 
 盛土地盤が沈下するとその上にのっている家も、同時に沈下することになり、
重大な被害を与えます。盛土が軟弱だと分かったら(地盤調査によって)、
盛土の下に強い地盤がある場合、そこまで杭を打って基礎をつくったり、盛土地盤を
改良して安定した地盤にするといった方法をとる必要があります。

1.建物の配置はできるだけ盛土部分を避けること。特に擁壁寄りは盛土であること
 が多いので、できるだけ擁壁から建物を離すこと

2.盛土中に瓦礫がないかどうか確かめる(鉄筋などを突き立てて確かめます)

3.造成計画図を入手する(数区画以上の新しい造成地では造成計画図を入手
 できる場合があります。造成計画図からは盛土と切土がどのように行われた
 か判読できます)

昨日、最近ニュースもろくすっぽみてなく・・・これはやばいと思い、すこし
ニュースサイトをみていると。なにやら女性の政治家2人が世間をにぎわせてる
みたいなのである。

ひとりは特に関心ないのでスルーだが、もうひとりは女性初の都知事。これ
おそらく男性のしがらみのある人だったらできなかったよな〜ということ。

冒頭解散も現実味をおびてきた都議会。もう、昭和の手法がこれほど醜く
時代にあっていないかの判断はつきるところ、国民それも都民に委ねられてる気も
する。おおよそ9割の都民はカンカンになっているという。

世が世なら・・・といったところなのである。ほんとの巨悪はでてこないので
あろうけど、ほんどニュースサイトをみていると、都民はこれ相当なめられてる
よな〜という感じなのである。しかし、それを実際に業務としてたずさわっている
人はどう考えているのだろうか。

いいこととわるいことの区別。小学生でならうことだよな〜としみじみ。
自戒してみよう。まぁ不動産業は非常にこのあたりは、ゆる〜い職業なので
自分としてはおおだすかりなのであるけれど。

自分は自分のことでいっぱいいっぱいなのだけど、このニュースはいっとき
流れるだろうな〜と思う。

都知事の目論見が功を奏すれば、いよいよ・・・ノーモアベッド?になるんだろうな〜
できたらぜひいってみたいのである。

しかし、まじめなおかたい職業のこういう報道はさすがにきくにたえないので
ある。

あ、これ。末端の不動産屋、しかも田舎の不動産屋のひとりごとですから、あしからず。

ということで今なにをやるべきかよく考えクールに仕事していこう。しもじもは
ほんとに最近のおかみのやってることはよくわかりませぬ。

posted by クール at 06:06| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月13日

多羅尾探偵事務所〜求償権〜

 他人のために財産上の利益を与えた者が、その他人に対して
持つ返還請求権。連帯債務者のひとりが債務を弁済したときに
他の連帯債務者に対して、あるいは保証人が債務を弁済した場合
に主たる債務者に対して、返還を請求するようなケースがこれに
あたる(民法442条〜445条、459条〜465条)。

広く内部的な相互間の不公平を清算する場合に、求償の言葉が用いられている。

ということで2日連続の早起きで朝駆け今日は午前中みっちり朝駆け3連ちゃん
で予定がはいっているので準備準備。いささかまだ眠いが泣き言無用。

おとといだろうか、あるシーンを思い出したのである。新聞のある部分を
きりとり、新聞をよみつつ・・・何かをみている。当然変装している。

名前が思い出せず・・・何時間か経過。やっとのことで思い出したのである。

その名も「多羅尾伴内」あるときは、老人、またあるときは手品師、はたして
その実体はということで7つの顔をもつ男なのである。

私立探偵っていう職業がある。ある意味、不動産業も土地建物の調査という
面からみても探偵とそんなに離れていない仕事なのかなと。

とおり一辺倒な営業では、いろいろなお客様とは話はできない。ありとあらゆる
お客様に出会うからなのである。7つどころか、20、30の顔をもつほうが
いいケースもあるのである。

さてさて今日はどの顔で・・・午前中のお客様にあわせた3つの顔をとりあえず
用意して・・・初見じゃないので、このあたりはありがたい。

なんとなく身体が軽くなったここ2日間。この調子で今週はやっていこう。

今なにをやるべきかよく考えクールに仕事していこう。しかし、まだ眠いけど
寝たら完全にアウトだな。
posted by クール at 05:50| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月12日

虚と思えば実 実と思えば虚〜取引事例比較法〜

 不動産の鑑定評価の手法のひとつで、評価すべき不動産
と条件の近い物件の取引事例を多数収集して、売り急いだ物件
や投機的な物件などは事例から排除して適切な事例の選択を行い、
さらに事情補正および時点修正を行い、かつ、地域要因の比較、
及び個別的要因の比較を行って求められた価格を比較考量し、
これによって対象不動産の試算価格を求めるものである。

主に中古住宅・中古マンションの価格を出すのに適してると
いわれてる。

ただ、ほんとにここ最近のご当地の価格は、重要のある地域と
ない地域では天と地ほどの違いがでてきているのである。

今している物件の中で、自分はある社会実験を自分のなかに課して
楽しんでいる・・・いや、かなり自暴自棄に遊んでいるかなと。

いましている物件の所有者と同じような気分・境遇に身を置いてみる。

あるひとつの結論がでているのである。

「もう、どうにでもなれ!」なのである。否、これ虚と思えば真、しかも
実。真、即ち実と思えば虚なのである。すなわち手のひら返し。

自分は代理人として今この仕事をしている。そして、心強い味方もいるの
である。さてさて・・・とうばくとなるか、いなか。

今日もこの案件のために動くのである。時系列的には、ほぼ今月で勝負が
決まるのである。でも、ほんと自分があくせくしなくてもほぼ未来は決まって
るんだろうな〜とも思うときもあるが、あるアクセントをつけたくなるのは
自分の悪いくせかなとも最近思うようになったのだが、モチベーションあげる
のであれば、これもありなのかなと。

関係各者が「もう どうにでもなれ!」って考えて動いてくれるとかなり
やりやすくなるんだよな(笑)と思うのである。冷静に客観的に遠目から
みてみると、「何やってんだろ〜人間って」と思うようになるのである。

というわけで、虚と思えば実 実と思えば虚の心持を今日は特にもって
今なにをやるべきかよく考えクールに仕事していこう。

カムフラージュ。なかなかのものだな〜あるときは・・・またあるときは

頑張っていこー!
posted by クール at 06:06| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする