2016年03月31日

27年度ありがとう〜三代目?江南スタイル?〜

 今日は不動産用語は、お休み。やはり年度末だし総括して
おこう。いい区切りだし。

まず28年の4分の1を消化したわけだが、70点はつけてあげよう。
仕事的には昨年につづき、同業とのタッグ案件。またまた今回も
大変勉強になったのである。いい仕事だったことは客観視しても
よかったと思う。ただ一点、それで稼げたか・・・費用対効果は
はてな?がついたかなと(笑)それが減点の最大の理由かなと。

そして大きなくくりの27年度。人に投資したような27年度であった
と思う。まったく後悔していない。当然、自分にも投資してあげた
のだから。それに、やはり周りにいる人のおかげかなと。つきる
ところ感謝なのである。う〜ん優等生的発言でいいのだろうか。
でも、やっぱりありがとうだと思うのである。

話は、それるが最近、みたのだがどうやらご当地の移住促進に
かっぱと人魚がコラボしているという。批判はしない。小林市の
移住促進のそれをみた。素直にかっこいいと思った。綾町もはじめ
たみたいなのである。まだみていない。

自分ならどうする?自分がつくる側になったときを考えたのである。
まず、今世の中で注目されているものを真似るだろうな〜それに流行色
これは基本中の基本だろう。そして一番大事なのは「楽しむこと」

自分なら、大師まつりなるものがご当地にある。パレードである。
恋するフォーチューンクッキーを社員総出でCMをつくったご当地の
不動産業者もある。YOUTUBEで流していた。

今多分、日本で人気なのは、よくしらないけれど、三代目なんとか?
でもでも・・・自分なら、遊技場も多いし、やっぱ江南スタイルパクる
かな〜と。ご当地大変、ダンスというか小さいこから、80のおねーさん
のハワイアンまで踊り文化が結構発達しているのである。おとなり日向では
ひょっとこ踊りなるものが全国区になろうとしている。

そういう企画をしてほしいかなと。かっぱも人魚も踊ればいいのである。

楽しいとこに人はあつまるのである。そして、希望が残されていれば
それが原動力になるのである。ご当地大変綺麗な人が多い。ご当地の
JCあたりの割腹のいいクラブ経営者あたりととびっきりの美女をえらんで
その方メインで市民参加型。踊りをしている人から、まったくダンス・
踊りをしていないお大師パレードにでる大名さんまで。みな踊ればいい
のである。

そうなのである。毎日わっしょいわっしょい、自分も踊る感覚で仕事
しよう。自分という舞台にたっているのだから。やっぱ楽しまないとね。

ということで。27年度大変お世話になりました。ありがとう。

今年のテーマ「今何をやるべきかよく考え、あくまでクールに!」

頑張っていこー!
posted by クール at 06:05| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月30日

EASY LOVER〜塩漬け不動産〜

 銀行・企業などが担保として所有している不動産のこと。
不良債権解消のために競売するも、最低販売価格の縛りから
思うように現金化できず、所謂「塩漬け」状態で流通が停滞
すること。

今日はほんとは、ある予定が組まれていたがお流れになった
のである。そして、今日のタイトルは、ほんとは「か・い・が・ん」
になるはずではったのである。開眼と海岸をかけるはずであった
のだ。区切りをつけて、海にいきたかったのだ。どうやら、
未来は違っていたようなのである。ドラマはまだまだ終わらずか〜

「か・い・が・ん」して、「か・い・か〜ん」だったのにな。

80年代にはやったフィルコリンズとフィリップベイリーのいまどき
の言葉ならフューチャリングの「イージーラバー」という歌がある。

イージーラバー、ぱっとなんとなく軽い女?とイメージするのだが
まったく逆なのである。九州弁なら、「さっといかない女」。

標準語なら「手におえない女性」。どうやら今日決着するはずだった
物件もその関係者もざっといかないのだろう。自分はまったく、その
取引には関わってはいない。つまり善意の第三者として立ち会うはずで
あったのだ。今日は「トキがこなかったね」と。カオルくん登場は
しなかったようなのである。これが不動産の醍醐味なのである。

一瞬先はわからないのである。報酬をとってはじめて、歓喜なのである。
はんこおす、報酬をいただくまで仕事なのである。賃貸借は、終わりでなく
はじまりなのである。

どうやら年度末までに終わらず、年度がわりする様相になったようだ。
そのおかげか、予定を組みやすくなったのである。当事者にとっては
まだまだ消化しきれていないものがあるのだろう。多くは語らないが
銭金の論理で動いているんだろうな〜と推測できる。

不動産は銭金の論理で動くなのだが、それだけじゃ決まらないものも
あるのである。目にみえない何かが動くとき、すべてがうまくまわり
はじまるのである。もしかして、予定通りの仕組まれたブックを解明
するのが不動産屋の仕事なのかもと思うときもある。だから、ベテラン
になっても「不動産って仕事はわからない」という弱音をいうときもある。
本音だと思うのである。

昨年末より、自分かなり、ざっといかない女性たちに運命のメビウスの
輪っかの中でもがいている気もするのである。競輪選手なみになので
ある。今月の2つの契約、もうおえてるのだが、まさしくざっといかない
ものであったのである。

その物件のある場所・・・昨日確認したのだが、旅館、料亭、小料理や
それに遊郭があった場所らしい。ざっといかない女性たちのいたずら
なのであろうか。ちゃんと塩でお清めしてね〜と思うのである。

というわけで今日は幾分早起きしてしまったのである。訪問先で、
でたあと塩まかれないように今何をやるべきかよく考え、クールに
仕事していこう!

ほんとは、今日のラストに、昨年他界したクールくんの唯一のガール
フレンドの名前はカンナちゃんであったのである。カンナちゃんも
クールくんのあとをおうように1ヶ月後に他界したことをかこうと
思ってたのである。なかなかうまく決まらないもんだね〜自分の
人生と同じなのかな〜まぁいっか。

今日は塩ふりかけてから仕事しよう!そうしおう。
posted by クール at 05:48| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月29日

寒暖の差にご注意!〜固定資産税&名寄帳〜

 固定資産税なるものがある。その年の1月1日現在に
土地・建物の現所有者にかかる税金なのである。見直しが
3年に1回ほどのペースで見直しがある。

実勢価格がこの固定資産税にすぐすぐ反映しないことも
多いのである。え〜こんなに評価あるの?とかたまに
でくわすことが多い。

また更地で所有するより建物など立てることにより評価をさげ
アパート・マンションたてる地主さんもすくなくない。相続税
対策の一環と考える局面がある。でも、昨今の人口減少。

あらかたパイは、決まっているのだから、よくよく考えてから
そういうことはしたほうがいいと思うのである。

名寄帳というのは、固定資産税のもとになっている土地・建物の
台帳なのだが、納得いかない場合は、行政にいき異議申し立てする
のもひとつの手段だと思うのである。それが不当に評価が高い場合は
考えてもいいと思うのである。現に取引価格は、やすくやすくの流れ
なので。4月1日より一ヶ月間、名寄帳は無料で取り寄せることができ
るので、みたい方は行政庁にいくといいと思うのである。

ここ数日、日中はそこそこ春の気温なのだが、どうも寒暖の差が激しい
ので体調管理がやや難しい局面なのである。休めない日々が続いている
ので、ややくたびれモード。なかぬけできてるから、まだいいのか。

今日は書類つくりに・・・まぁいろいろと内職な日々にしよう。いつでも
でれる準備だけしてなのだ。今週までは、なんとか休みなく働いていこう。

怒濤の2月3月もひとまず終焉。あすには、昨年からつづいていた事項が
おわりを告げるのである。知り合ってからの期間は3年を経過。いよいよ
の最終幕なのである。終わってみれば、あつかった半年を思い出すときが
くるだろう。でも、夢の途中にしたい気持ちもあるけれど、あすでお別れ
なのかなと思う。おそらく今年最初で最後の春の別れなのかと思う。一番
印象に残るものになるだろう。

まだまだ道半ば、道を極めるまで、まだまだ歩いていくのだな〜

ということで、今何をやるべきかよく考え、あくまでクールに仕事していこう。
posted by クール at 08:20| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月28日

決断はお早めに!〜固定金利ORステップ償還

 おおかたの人が、不動産をかうときに銀行から
借り入れをうける。10年固定、15年固定あたりが
いいのかなと。計画が立てやすいからである。

ステップ型ははじめ、え〜こんなのでいいの?と
いう感覚になり、いざ、あがると計画が崩れる
パターンがあるのである。

現在、ご当地非常に、物件がすくない状況なのである。
でも、空家はそこそこあるのである。昨日も表にでてない
情報の一件を外観だけチェックしたのである。東南角地の
土地。これは、でればすぐうれるだろう。そして、中古
物件。なんというか、今その住宅をたてれば、おそらく
坪あたり60万はいくだろう。らんまに床柱、これたかっかた
だろうな〜と。それが・・・土地140坪弱で、築40年で
この値段か。かなりお得感があるのである。非常に手入れが
いきとどいているので築40年と思えないのである。

おそらくすぐうれるだろうと思う。昨日この物件2組みせたので
ある。昨日、ふと思ったのである。こんなにもいい物件でさえ
人は悩むのである。そして粗探しをするのである。それがあたり
まえということなのか。物件をいやというほどみてる不動産屋なら
感覚的に、これは「すぐ売れる」とおもうのである。自分はそう
感じたのである。

時間はお金でかえないのである。昨日は、それを考えるいい機会
になったと思うのである。迷っている時間をお金に換算はできない
が、時は金なりなのである。

ということで今何をやるべきかよく考え、あくまでクールに
頑張っていこー!しかし、まだまだ冷えるな〜
posted by クール at 08:43| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月27日

いつものようにアイの言葉を〜本日、高松宮記念〜

 今日の不動産用語はお休み。今日は春の電撃6ハロン。
中京競馬場において、高松宮記念がおこなわれる。

4月に入ると、2週目が桜花賞、3週目が皐月賞。春のG1
シリーズがはじまるのである。

昨日、出馬表を眺めていたら・・・ある懐かしい歌が頭を
よぎるのである。

この歌をうたう方、記憶がただしければ、小さい時剣道日本一に
なったことがある人だったことをきいたことがあったのである。

高松宮記念は意外に相性がいいレースなのである。

選んだ馬は5頭。騎手に横がはいっている、横山騎手に浮世の風に
ミッキー愛に、レッツゴードンキー、そして一番目に付いた馬、
栄進ブルズ愛。

けっこう自信あるけど当たるか当たらないかは・・・神のみぞ。

エイシンブルズアイから、馬連4点にエイシンブルズアイの単勝。
キーワードは、瞳なのである。

今日も仕事なのである。内覧を2つ3つほど。気楽に気楽に。

今まさに何をやるべきかよく考え、気楽にクールに仕事していこう。
posted by クール at 06:18| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月26日

ある女性社長誕生〜定期借地権〜

 存続期間を50年以上と定めることを要件とする
「一般定期借地権」(同法第22条)。借地権を設定した日
から30年以上を経過した日に借地上の建物を借地人から
地主に譲渡することをあらかじめ約束して借地をする
「建物譲渡特約付借地権」(同法第23条)事業目的で存続期間
を10年から20年以下とする「事業用借地権」(同法第24条)。

簡単にいうと、ロードサイドの店舗なら飲食系の店舗から
郊外型の商業施設は、土地を地主から借り受け、営業する
ことなのである。交通量が多く需要の見込める場所によっては
かなりの収益をあげることができるのである。

昨今、定期借地法の改正により、土地を借りやすくなったこと
があげられるが反面、地方都市では地元の商店街などを廃れ
させてしまったことは否めないのである。

ある都会にある不動産大手の会社が、今回社長の長女といえど
女性社長誕生という新聞記事。つくづく女性の時代なんだろうな〜と
ここ宮崎でも、南にある都城市役所では、初の女性部長誕生という記事。

不動産にしても、行政にしても、これからほんとに女性目線の営業や
立ち回りが注目されるだろう。現に、不動産会社では、この女性目線が
かなりな力をみせてくるだろうと思うのである。今週、宮崎市にいった
ときも女性だけの不動産会社に顔をだしたのである。今回で2度目。

やはり女性ならではの接客なのである。以前は、不動産といえば男社会。
それも、かなりな斜めにみられる仕事だと思うのである。自分が20歳くらい
のときの不動産屋は、ダブルボタンのスーツに金ロレ、セカンドバックに
じゃらじゃら系をみにまとう人たちであったのである。髪型は、オールバック
かこてこてのリーゼント。

おおよそカタギにみえない人たちであったのである。でも、そういう輩は
今もいなくはないが、幾分普通の人になってきているのである。

勤めている女性もワンレンボディコン、いやこれもう死語だな。昼の業界
なのにおおよそお昼の仕事にみえなかったのである。

そういう時代をとおりこして、今や女性で社長の座をいとめる職業にまで
なったのかなと。というわけで女性感覚を大いに身につける時代なのだが
ほほにキズから手の甲をほほにあてる仕草を男性もやっていかなくては、
ごはんは食べれそうになくなってきてるのは、大変に由々しき問題なの
である。女性の顔を借りて営業するか、女性をうまく営業として使う
不動産会社は売上をのばしてくると予想できるのである。

いやはや大変な時代に突入してるような気がするのである。

というわけで、女性になったつもりで今何をやるべきかよく考えクールに
仕事していこう。昨年他界したクールくんも去勢されていたな〜座り方が
おねーのような感じもあったのである。

女性は、人によってはグチグチ、根にもつ、こういうところはまねしない
ほうが得策なのだろう。ひそひそ、影で悪口、うわさ話。これもやめとこう。
いや女性だからこういう面ももっててしかるべきなのかもしれない。

いや、昨今の男性もそういうのいっぱいいるな〜と思うと悲しい一面もある。

頑張っていこー!
posted by クール at 09:07| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月25日

マイウェイ〜私道負担〜

 普段、道路として通行してるところに私道なるもの
がある。不動産取引において、売買等の対象となる土地
の一部に私道の敷地が含まれている場合に、この私道
敷地部分を私道負担という。私道には建基法42条の道路
となる私道以外にも、通行地役権の目的となっているよう
なものを含む。

不動産屋としての願いは、なるべき公共性の強いところ
や往来が多い場所は、私道は、行政主導で買い取るか、
所有者が、行政に寄付したりしていただけるとかなり
ありがたいと思うのである。

私道がある土地の取引はけっこう手ごわいのである。

今日は、ご当地の大先輩であり、大分県人会での会長
でもある方の誕生日なのである。仕事で大変お世話になって
いるのである。気にかけていただいてるが、たまに厳しい
説教もうけるのである。

東九州高速道開通により、ほんとに他県ナンバーの車を
よくみかけるようになったのである。昨日、立ち寄った
コンビニでは、両隣が、大分ナンバーに東京の多摩ナンバー。

人の往来が増えてきてる印象がここ最近強いのである。
観光なのか仕事なのか。どちらもであろう。

今週は南下して、宮崎市にいったのだが、国道には、新しい
ホテルが何件もできているのである。何を意味するか。

九州横断自動車道も、10年以内に開通するはずである。
さらなる人の往来はふえてくるだろう。ご当地の鮎やなは
昨年、来場者をふやしたと聞く。また昨年よりはじまった
「花物語」も定着していくといいと思うのである。

大先輩に負けじと、他県からの業者誘致、外からどんどん
かわっていく様は、かつてご当地があゆんできた道なのである。

ビジネスチャンスがごろごろころがっている気がするのである。

かわっていく様子をみれるチャンスにめぐりあっている気もする。
ご当地は現在、メインの駅も改修工事をしている。東九州の拠点都市
としてかつての栄華ほこったご当地、フェニックスよろしくまた発展
するといいと思うのである。あけない夜はないのである。夜明け間近が
一番くらいのである。

というわけで今日は他県からの店舗内覧が午後にはいっている。

中にいるだけでなく、外からの景色もみたいと思いもある。今何を
やるべきかよく考え、クールに仕事していこう。春はもうじきなのである。

posted by クール at 09:56| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月24日

ブリリアンカット第2弾〜風致地区〜

 都市の自然の風致を維持するため指定される地区で、
同地区内における建物の敷地、構造または建築設備に
関する制限で美観維持のために必要なものは地方公共団体
の条例で定められる。

昨日、4年ぶりに、ある方と再会をしたのである。昼過ぎに
自分はちゃんぽんをかけこんでいた。以前、自分の中での
その方のあだ名は「クレオパトラ」鼻筋がスーととおって
いて、スレンダーな体型。髪はおかっぱだけど、綺麗な
顔立ち。

以前にもまして、明るくはきはき、元気がよかったのである。
そうするしかないのであるのだが、それがその方にぴったり
あっているのである。笑顔が大変いい。以前の仕事ぶりも
しっていたのである。仕事中、上司に指導されると、メモをとる
ことを必ずしていた。賃貸借でお世話になっていた方で、契約
期間にみたない退出なので、敷金は返さないよと伝えても、それで
はんこおしたのでかまいませんと実に潔かったのは覚えているので
ある。

その方の親戚のこともきくと、やはりそういう家系なのか、玉の輿
というか・・・やはり美人は得だよな〜ということ。

自分を介して、ひとつ紹介したのである。全面的に信頼してくれたのは
ありがたいことだと思ったのである。あってない間、どういう4年間を
すごしてきたのかは、わからない。すこしはしっていたのだけど、
その方は、やはり強かったのである。フェニックス、不死鳥なのである。

笑うしかない、明るく生きていくしかない。でもそれが実にすがすがしい
のである。これでいいのだ。人様の前で臆することもなく全くいやな印象を
あたえない様、みならわねば。

「ありがとうございます。助かりました。お世話になります!」と笑顔で
ハキハキ。

なんだろうな〜いい具合にブリリアンカットしてるんだなと。綺麗な顔立ち
化粧まったくしてない状態なのに・・・今年30になると。ご当地の女性は
ほんとに強い人が多い印象がある。移住するなら、宮崎はほんとに穴場のような
気がするのである。

いい春風が舞っている気がするのである。今年の春風のキーワードは再会なのか。

まだまだ続くのだろうか。そういう今年の春をもうすぐむかえるのである。

ということで今何をやるべきかよく考え、あくまで冷静に仕事していこう。

南下してからの営業、いい春風を意識して頑張っていこー!今日もいい南風が
ふくといいと思うのである。
posted by クール at 08:10| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月23日

美・利・善(び・り・ぜん)〜根抵当権〜

 一定の範囲に属する不特定の債権を、極度額を限度
として担保する抵当権。普通の抵当権では、債権が消滅すると
抵当権も消滅してしまうため継続的に取引をする場合、
その都度抵当権の設定や解除をしなければならず、大変面倒である。
そのため、継続的取引で債権額が増減する場合には、あらかじめ極度額
(将来借りるであろう金額まで)を設定し、一括して担保しておき、
借りたり返したりを繰り返せるようにしたもの。例としては、住宅ローン
は抵当権で事業用資金融資などは根抵当権。

包括抵当権と呼ぶ人もいるのである。

あきないごとの極意というか、昨日はいい話をきけたのである。話を
してくれたのは同級生。その方も、目上の人にそういわれてるそうなのである。

美しく動いて、利をえる。また、それがよきおこないならそれ以上
のことはないと。美・利・善というそうなのである。

これなかなか難しいと思う。利をえることはできても、それが美しい
動きなのか、美しかったとして、それが良きおこないからなのか。

これはほんとに難しいと思うのであるが、そうなるように動くのは
いいことなんだろうな〜と。

すべてがうまくいく。これほどいいことはないが、なかなかだと思う。

南下しての営業はそこそこ満足であったのである。違う景色にあたる
いいことだよな〜と。

明日から平常運転。頑張っていこー!
posted by クール at 16:22| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月22日

ジャングルクルーズ・川口浩か!〜委任状〜

 法律行為を他の人に委託する契約を「委任」といい、
委任したことを記載した文書を「委任状」と言う。
特に私法上委任に基づく代理がある場合に、代理権を
授与した事を証明するために交付する文書をさす。普通、
甲某が「私は乙某を代理人と定め云々の事項を委任す」
という形式で書く。ちなみに委任状の一部(事項・宛名等)
を空白にしたものを白紙委任状と言う。

ということで、今日の不動産用語は委任状。土地の所有者が
遠方にいる場合に委任状を取り寄せることがある。また
司法書士の先生に登記を依頼するときにも、この委任状は
必須になるのである。

昔のテレビ番組に川口浩隊長の探検シリーズものがあった。最近では
今年の大河ドラマにもでてる、初代仮面ライダーの藤岡弘、さんが
よく探検ものにでてた感じがある。

だれもはいったことのない洞窟なのに、焚き火をしたあとが残されて
たり、死んだピラニアにわざとかまれたり。アマゾンの原住民の腕には
高そうな時計がしてあったりと・・・今になっては嘉門達夫などが
ネタをばらしてお笑いになったのであるが、小さいころは、

「川口隊長、すげーかっこいい!ジャングルってこえー」とか思っていた
わけで。子供のころって、ほんとに純粋にものをみてたよな〜と。大人に
なるとどうしても、くもった目でものをみるようになるのがとても残念に
おもえるときもあるのである。昨今の取引で、感じたのが、どうしても
そういう犯罪が多いので、疑心暗鬼になるお客様も多いのである。

というわけで、今日はすこし南に遠征して営業してくるのである。午後イチに
某金融機関にアポもとっているのである。それからぽつぽつと営業と。

さてさて気晴らしにみてる景色を今日はすこしかえて営業してみよう。

ジャングルクルーズにいったつもりなのである。大蛇に遭遇しませんように
今何をやるべきかよく考え、あくまでクールに仕事していこう。

今手持ちの南にある物件、さばけると・・・けっこうな収穫あるんだよな〜
ワニ、いや蛇の財布かえるくらいは稼げるな。頑張っていこー!

というわけで委任状のなかで一番怖いのが白紙委任状なるものである。すこし
豆知識と知っておいたほうがいいと思われるのである。
posted by クール at 07:31| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月21日

虎穴に入らずば虎子を得ず〜ローン電卓〜

 昨日の営業のときも使ったのだが、ローン電卓は
なかなかのアイテムなのである。おおかたの人が土地
建物を購入するにあたり、金融機関が借り入れをおこす
のである。気になるのは月々の支払い額なのである。

だいたいこのくらいなら無理なくと考えるのである。
不動産をかえば、数ヶ月後には、取得税から固定資産税も
考えなくてはいけない。

これに各種保険等々、学資ローンに車のローン。だから
不動産の取得はみな迷うのである。月々の支払い額は負担に
ならないように設定しなくてはいけないのである。

話はとび、もうすこし状況はおちつきあるが、まだまだのびしろ
があるといわれている東南アジアの国々。かつて戦後復興を
果たした日本の状況なのである。今の日本の停滞原因をさぐる
なら東南アジアにいき経済をみるといいと先日いわれたのである。

リスクをおえない今の日本なら、海外からせめらて当然と。

その東南アジアの経済人みな、リスクを承知の上で、取引を
しているという。景気という言葉がある。まさしく気の問題
なのである。

経済ブロックをすれば、滞留するのが経済だと思うのである。
リスク上等の気で仕事にのぞむ。突破すれば、それなりのものが
つかめるのである。

昨年、ある物件をかっていただいた若手経営者のひとこと。

「リスクをおえない人間と仕事をする気にはならない」と。

確かにこれは真理かもしれない。今、昨年の残された課題をなんとか
消化しようと奮闘している。あと残すところあとひとつ。

虎の子をえるなら、突っ込んでいくしかないのである。そのための
ツールのひとつ。ローン電卓なかなか頼もしい助っ人なのである。

明日は、ご当地以外の営業に金曜日には他県からの業者が店舗内覧に
くる。高速開通により他県ナンバーを多くみるようになってきたので
ある。もうご当地も経済ブロックできる環境はなくなりつつあるので
ある。

虎穴に入らずば虎子を得ず。頑張っていこー!

今日も今何をやるべきかよく考えあくまでクールに。午前中は大事な
取引、午後は、しっかり営業。虎の子をさがすのである。
posted by クール at 06:52| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月20日

ブラックセイルズ〜隅切り〜

 よく土地の角が切られてあるものをみることができる。
道路と道路が交差する部分の敷地の角を切り取り、道路に
提供することで車や自転車、人などの交通安全を図り、
車両の転回を容易にさせるもの。これが隅切りというしろもの
なのである。

昨日ネットをみていると、心惹かれる映像。BLACK SAILS
シーズン2。シーズン1は8話でシーズン2が10話あるらしい。

海賊ものは受けるのは、なぜだろう。パイレーツオブカリビアン
から、日本の漫画でもワンピースなど。

昨日の夕方、いつ以来になるだろう。賃貸借でお世話になった方
と話をしたのである。仲介人になったのは・・・ぱみゅぱみゅ風味の
とある元気な方。不動産のほうの仕事じゃなく、もうひとつの仕事に
おいての相談なのである。賃貸のときも、しっかりしてた方なので
安心していたのである。今回も心配はしていない。その方が、好き
だったのが漫画ワンピースのフィギィア。

玄関のところには、ワンピースのフィギィアがところせましと並んで
いたのである。ワンピースがかなり好きだったのだろう。

いろいろなものが交差して、またふたたびこの方と来週の水曜日にあう
ことになったのである。

人間関係というのは、ほんとに深いものなのだな〜と。二度とあうとは
思っていなかったのである。そのくらい不動産屋はいちげん仕事のような
感じもあるのである。

再びあうということは、まだ何か消化していないものが残されているの
だろう。すこし懐かしさもある。印象的だったのが、女性のはんこというか
たまにみかけるのであるが、自分の名前を証明印にしてる方がいるのである。
その方もそうであったのだ。

自分よりかなりな年配の大家さんの前でもたじろぐことなく、目をきっと
して話してたのは、印象的なのは覚えているのである。大家さんも負けじと
見返していたのである。

みないあいだに、その方の人生になにがあったか知るよしもない。何年ぶりに
あう人というのが最近ふえてきたのである。これで今年2人目。

どういう角がとれてるか、興味あるところなのである。その方も、ブリリアント
カットしてるのかな〜と思うと、会うのが楽しみなのである。

かくいう自分も不動産という仕事をとおして、隅をきっていってる気がするの
である。とても苦しくつらいときもあるけど、一瞬のまばたきを体験してからは
苦難が苦難でなくなりつつもあるが、まだまだ道なかば。やっぱ・・・どう
考えても、いじめられるの好きなんだろうな〜と。すこし意味が違うか。

自分の心を鍛えていると思えばいいのである。

ということで、今日も予定がぽつぽつ。今何をやるべきかよく考えながら
仕事していこう!今日も明日もあっても仕事するのである。来週は、ご当地を
はなれての営業。予定はくまれているのである。とにかくクールに
せめるのである。

頑張っていこー!
posted by クール at 08:51| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月19日

欲しいものには何付ける?〜青田売り買い〜

 青田売りとか青田買いという言葉がある。

本来は「稲が十分に成熟しないうちに収穫高を見越し
てあらかじめ産米を売ること」という意味。不動産業界
では未完成の宅地や建物の売買等の事を言う。青田売り
については、宅建業法により広告の開始時期の制限、
工事完了時における形状・構造等の書面による説明、
契約締結等の時期の制限、手付金等の保全の規制を受ける。

ということで、昨日久々に自分へのご褒美として、欲しかった
ジャンパーにつばをつけたのである。

今月末にもってかえる予定なのである。

今日もなんか予定びっしり・・・やることてんこもり。ということで
今何をやるべきかよく考え仕事していこう。クールに!

昨日以上に今日は動きまわるな〜ねじいっぽいまいとかないとな。

欲しいものにはなにつけるか。う〜ん欲しいもの。休みが欲しい
ここ最近の傾向なのである。
posted by クール at 08:34| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月18日

春風の優しさに包まれる〜契約・決済〜

 不動産屋の晴れ舞台が契約と決済だろうと思う。
結納・結婚式からの披露宴のようなものである。
買い手と売り手のご対面。
何度も不動産取引をしてる方は、なれてるので不動産屋より
胴にはいってるお客様もいる。

でも、意外にもなれてるかたの取引は緊張半分かなとも
思う。はじめての方は、こちらも緊張してしまうのである。

契約が結納・結婚式なら、決済が披露宴でいいのか。

今日は六白大安。つちのとい、旧暦の2月10日、大変日が
よいのである。けっこう験担ぎで友引・先勝・大安が
多いのかなと。気にしない人はまったく気にしないので
あるが。

もう春風も吹き始めたのである。

梅から桜・桃へと花も咲き始める。新しい伊吹の声が聞こえ始め
てきたのである。

今日は天気予報はあいにくの雨。キキとジジは、今度は何を運んで
きてくれるだろうか。今日もはやく起きてしまったのである。

今日の午後あうお客様、まさに春の文字がはいっているのである。

春の雨がふって、花貴く咲き誇る、春にしてきたいと思うのである。
まだまだ、いっぱい叩きまくるのである。イケイケドンドン。
太鼓たたきまくりんぐ。

ということで、今何をやるべきかよく考えながら、あくまでクールに!

うぐいすも泣き始めたのである。やる課題てんこもりだな・・・
今日は、雨だけど、午前中は春風の優しさにつつまれることにしよう。
たまにはいいじゃん。

心の奥にしまいわすれたパンドラの箱を開くときは今なんだね。
よっしゃー頑張っていこー!来週は、高松宮記念もあるな〜

posted by クール at 05:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月17日

目に映る全てのことはメッセージ〜重要事項説明書〜

 重要事項説明書なるものがある。略して重説とよんでいる。
これけっこうボリュームあるのである。まともにすれば、1時間は
かかるのである。いや、まともにやっていますが。でも契約の
ときにするのが、いやなのでその前に、お客様に説明しておくのが
自分の中では、慣例になってるのである。

説明するとかなり長くなるのであるので、少々割愛。私法上・公法上
の権利関係から取引条件からインフラに建築基準法まで。仔細細部に
わたり物件を解剖する作業なのである。ベテランになればなるほど、
とぼけるのがうまくなるのが不動産屋なのです。真面目にやればやるほど
お客様もかまえるものなのです。だからベテランはわざとまちがった説明
したりして笑いをさそうのです。

社会人であれば、みな一回は先輩たちからいわれることがある。

「常にいろんなとこにアンテナはって仕事しなさい」と。アンテナをはり
めぐらせるところは多種多様。一番はテレビ・新聞はじめとするマスコミ。
スポーツ新聞でもかまわないと思う。外にでれば、これはもう多すぎて。
いたるところにいろいろなものが散りばめられているのである。

次にいわれることは、だいたい「言葉をおぼえなさい。語句をふやしなさい」
と。会話能力は、これはうまいにこしたことはないのである。これはどの
職業にもつながるのである。そのためには、やはり言葉をおぼえる。

最後・・・「直感を大事にしなさい」と。人間、物件もそうなのだけど、
買い手は、第一印象を大事にするのである。これは賃貸でもそうなのである。
人間も同じなのである。一回だけでは性格その他もろもろわかるわけない
のである。つきるところ・・・やっぱ「がわ」は大事なんだろうな〜
やせなきゃ。

でも最近は第一印象はよくても、不安定な経済状況の中、買い手は資金面は
かなりシビアになってきてるのである。これは売り手も一緒なのである。

心の奥にしまいわすれた大切な箱開くとき・・・頑張っていこー!

でもでも、やはり直感・第一印象は大事にしてほしいのは、不動産屋の願い
なのです。

「出会いなのですから、出会ったものをいかに消化していくか、とことん
付き合うか、簡単にやりすごすか。」これは永遠の課題かもしれないけど
ほんとに縁のある人はきれないものなのである。偶然にばったり、会おうと
しなくてもばったり出会ったりするものなのです。金曜日の午後、営業に
いく方。なんとなく気の会う人なのです。ノリがいいというか、笑顔がいい
のである。何年か前も、宮崎市のバス乗り場でばったり。ほんとのいい縁が
あればと思うのである。

ということで今日は特に、目にうつる全てのことから発せられるメッセージ
をみて、今何をやるべきかよく考えながら、あくまでクールに仕事していこう。

心の奥にしまいわすれた大切な箱をひらくとき・・・頑張っていこー!
posted by クール at 07:21| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月16日

ブルータス!お前もか〜無指定〜

 区域指定外地域のことを無指定というのである。もちろん
場所によって、各自治体の建築指導課によってOKがでれば
建物も建てることができるのである。

田舎暮らしを考えている都会に住む方は、リゾート地区などに
ある土地をかうときは、不動産屋だけにたよるのでなく、そこの
地元の建築屋さんから考えるのもいいのもしれないのである。

無指定区域は、だいたい建ぺい率70%、容積率200%になり、
おおかたの建物はたてることができるのであるが、景観法とかの
問題もあるので、よくよく調べてから買っていただきたいの
である。

これから、団塊世代が大量に退職をむかえる時代をむかえるので
ある。Uターン、Iターン需要はふえていくと思われるのである。

ご当地もおくらばせながら、移住PRがはじまっている。すこし
遅い気もするけど、時系列的には、今まさにの時期だから、
タイミング的にはあっているのである。行政は、これから市民
獲得は地方は、今後かなりの熾烈な競争をむかえるのである。

そのあたりのお客様をひとりでもとれたらいいのかなと思う。
してみたい仕事なのである。

むかし、古代ローマ帝国末期に、ユリウス・カエサルという独裁者が
ローマを支配した時代があった。暴君政治なるものがある。
この暴君政治でも、力のない烏合の衆の棟梁のあつまりよりは、まだ
まだ、核になるトップがいたほうがいいと思うのは自分だけであろうか。

ベストと思うのは、ひとりでなく毛利の3本の矢じゃないけど、三つ巴
というのが一番いいように感じるのである。力のあるもの同志の三つ巴。
けっこう均衡とれると思うのである。

今年は、夏に参院選がおこなわれるのである。昨日の共闘の話には、
いささかがっかりなのかなと。第3極の核になるはずの政党の維新。
つきるところ・・・今までと同じなのかなと。政策とか、けっこう
よかったんだよな〜と。かえすがえす残念な気持ちも。

今度の参院選。いまのところ指定なし。でも、思うのだが、自分は
そんなに裕福でもないが、自由に動けるところをみると、現与党の
ほうがいいのかなと考えるのである。55年体制ふたたびくるのか。

というわけで、政治がどうあれ、自分の軸をぶれずに仕事するのが
庶民なのです。お上のすることは、最近よくわかりません。

あたたかくなったり寒くなったりの日がつづいてますが、もうすぐ
ほんとに春がきます。なんとなく今年の春を望む気持ちはここ近年では
一番なのかと。個人的には。

今日はやさしい気持ちで起きたので、奇跡はおきるだろう。かなりの
早起きだな〜

今日もそつなく今何をやるべきかよく考えながら、あくまでクールに!

シャープに続き・・・東芝もか。それに野球界もか〜日本ふぁいてぃん。
posted by クール at 04:52| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月15日

分裂もあれば合流もある〜赤道〜

 公図の中で赤く塗られた部分で、無番地の土地のこと。
山間部に多く、昔から道路として利用されており、里道ともいう。
国有地であるが、長い年月のうちに道路の形体がなくなり、
住宅等が建っている場合があるので取引の際には注意が必要である。

不動産取引において悩ませる色のついたものがある。白地、
青地、赤道。そのひとつ赤道。

自分は、この赤道、一度ほど取引でなく相談でうけたことがある。
司法書士の先生のところにいき、ケンケンガクガク。結局、自分は
手を染めないことにしたのである。

かなりな難解なしろものであったからなのである。おそらく3年まえか。
車をはしらせてるときに、とある同業の社長をみかけ、車を路肩に急遽
とまらせ、相談したことを覚えている。ひとこと「やめておけ」と。

昨日、ある政党2つが共闘の道をあゆむことがニュースになっていた。
3人よれば派閥ができるといわれている。そのくらい人間社会も徒党を
くむのが好きなところがある。男子より、女子のほうが、こういうのは
えぐいのは、おとなりの大分県でのほうがご当地より激しいかもしれない
のである。う〜ん身近にも約一名いるな〜

ある意味、魑魅魍魎、ブラックゴーストが多い政界ならではの光景なので
ある。

自分の中での金言にいいこともわるいこともひとりでやれというのがある。
いいこともわるいこともひとりでやることにこしたことはない。目立たない
からなのである。とくにわるいことはひとりでやるにこしたことはないの
である。かならずほころびはでてくるし、迷惑かけるのは自分のみ。
いや、わるいことはしてませんが、不動産屋はわるいことしてなくても
そういう目でみられてるのは、いたしかたない一面もあるのです。「あご
ひとつでもうけやがって!」ってな具合に。

いろいろな社会があるのである。分裂もあれば合流もある。人は、それぞれの
思惑で動くのである。みな、自分がかわいいのである。でもどうだ。
政治家というのは、公僕なのである。いや、これ、もしかしてもう死語なのかも。

やはり渡る世間は鬼ばかりなのか。赤道、やはり赤鬼、青地は青鬼。
気をつける前にさけてとおるのが今のところ最善の策なのかと。

いまいちみえない昨日の合流報道。数の論理だけなら組まないのが吉と
思うのだけど、なんとなく迷走してる気もしないでもない。今、与党野党
で戦う時期なのだろうか。先日のシャープの報道ではないが、国内でゴタゴタ
やってれば、思い切り外からやられるんじゃないかのかと。思い切り
若返らないと日本は、だめなんだろうな〜とも思う。

ということで今何をやるべきかよく考えクールに仕事していこう!
古い考えはどんどんはぎとっていこう、頑張っていこー!
posted by クール at 07:18| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月14日

タイガー&ドラゴン〜メゾネット住宅〜

 メゾネットタイプの賃貸案件がある。けっこう人気
あるのである。部屋が1階と2階にあり、同じ間取りの
ものが並んで2つひとつの住宅になっている。

現代版長屋であり、マンションのミニバージョン。

何年前になるだろうか、テレビドラマで宮藤官九郎さんの
脚本の「タイガー&ドラゴン」なるものがあった。

下町の人情話と落語がおりなす、すこしせつない物語。でも
なんとなく心あたたまるドラマであったのである。主題歌を
うたっていたのは、クールス出身者の横山剣さん。

「俺の話をきけー5分だけでもいい」というフレーズが有名
なのである。営業マンは、みなお客様の前で、心の中で常に
こう叫んである。特に売りたい物件や、いれたい賃貸案件
では、そう思っているのであるが、くどくど話するのをぐっと
みな我慢をしているのである。

タイガー&ドラゴン。西の白虎に東の青龍。人間誰しも、
タイガー&ドラゴンを心の中にもっているのである。悩み葛藤
がその類なのである。

いや〜最近悩みはあまりないのだけど、横山剣さんよろしく、
もう・・・おっさんの域だよな〜と。昨日出会った男性、30代
仕事バリバリ。油がのってる時期なのである。もうグリースを
つける年齢ではないけど、おっさん無理にわかづくり。でも
しっかり営業はくどくどいわずできたのかなと。

物見してくれるといいのである。2分だけでもいいので話をきいて
くれるとありがたいのである。

今週はばたばたと忙しくなりそうな気配もあるのである。

ということで今日も今何をやるべきかよく考えながら仕事していこう。
つとめて冷静に。

そろそろインコでも買おうかな〜「おれの話をきけー」と。
いや、キャバ嬢の名前をおぼえさせるのもいいといったのは、めいっこ
のアイデアなのである。頑張っていこー!

両雄ならびたたせるのも営業マンの手腕なのかなと。なかなか折衝の
楽ではないのをこなすのが今週だよな〜頭悩ませるな〜
posted by クール at 07:10| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月13日

ブリリアントカット〜滅失登記〜

 解体現場多いので。建物の所有者は、解体が終われば、
土地家屋調査士にお願いして、滅失登記をお願いした
ほうがいいと思われる。この登記により建物は抹消される
ことになるのである。未登記の建物なら、役所の資産税課に
一本電話すればいいのである。

昨日のことである。自分は5〜6年ぶりにとある方をみることに
なる。人間って、こんなにも変身できるものなのかと感じたの
である。いい意味での変身なのである。

こんなにも素直な笑顔に遭遇するのも久しぶりのような感じも
もったのである。以前は、別のオーラをまとっていた気がする。
それも決して悪いものでなかったのだ。むしろ、礼儀ただしく
きりっとしたもの。一言でいえば「強い」印象であったのだ。

でもどうだ。昨日の素直な笑顔から強さは消え、優しさにあふれて
いるのである。自分の人生でかつてここまで変身できた人にあえた
だろうか。みないあいだの、その方の人生になにがあったかは
わからない。以前も、ふたことみことしか話した記憶はないのである。

むこうは自分のことは記憶にないだろうと思う。自分は顔をおぼえる
ことは、半ば仕事のようなものなので、けっこう顔をおぼえるのは得意
なのである。自分はおぼえていたけど、まったく別人のオーラを身に
まとっているのである。

ダイヤモンドというただの石がある。磨かなければただの石なのである。
正確にいうとキンバーライトという鉱石を研磨していくとダイヤモンド
とよばれる宝石になるのである。

人間だれしも、いろいろなものに身をまとって生活しているのである。
家柄、学歴、肩書き、社会的な地位などなど。これは、至極あたりまえの
ことなのである。アメリカは、日本以上の学歴社会といわれてるし、中国は
日本以上の階級社会のような感じもある。官僚と一般人の生活は、天と地
ほどの差があると思うのである。

その肩書きによって、その人が本来もっているいいものが、みえなくなって
いるケースもあると思われるのである。また、違う素質や才能があっても
その肩書きによりとざされることもあるのではと感じる。

昨日、みたとある方、いろいろなものをはぎとってきたのだろう。自分は
そう感じたのである。その笑顔は純白の輝きなのである。やがて、虹色の
輝きをはなつようになり、ご両親ともども、その家族の目の前には、黄金の
階段が用意されているような気がするのである。もちろん登り階段なのである。
その笑顔をわすれることがなければなのである。

ダイヤモンドは最高で58面体。まさにブリリアントカットなのである。
昨日のとある方、もともとダイヤな環境で、生まれ育っていると思われるの
である。でも、自らその身にまとったものをやぶり、本来自分がもってた
ものを磨いているような気もするのである。

なんかいいものを見た気がするのである。人間、やはりその方もそうなんだ
ろうけど、周りの環境もいいのだろうな〜と思ったのである。なくす、いや
表現が悪いな〜剥がれること、そして磨くことにより人間は、こうもかわれる
ものなのかと。

なくすことは決して悪いことではないと感じた昨日の午後のワンシーンなの
です。ということで今日も今何をやるべきか考え仕事していこう!

今日まさに髪を切る、なくすことからはじまるのが仕事なのである。まさに
石を磨く作業なのである。どういう出会いになるのだろう。残念ながら男性
なのだけど・・・。道先案内人にいわれるがまま、のっかっただけなので
あるけれど。
posted by クール at 07:24| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月12日

ちょっと前ならおぼえちゃいるが〜敷金〜

 敷金とは、賃貸契約時に借主が貸主に一定の額を預けておき、
解約時に借主に返却される金銭。賃料の未払い・不払いの担保
として、あるいは解約時に借主が負担すべき修繕費等に使用される。
住宅賃貸の場合は賃料の1〜3ヶ月分程度。店舗や事務所を借りる際の
保証金も似たような性質のものである。

もう引越しシーズンははじまっている。今週来週あたりがピークに
なると思われるのである。

でも、この敷金制度。昨今、よほどの新築物件でないと見ることが
できなくなりそうな気配もある。もう九州なら福岡あたりでも、
敷金・礼金ゼロゼロ物件がほとんどといっても過言ではないのである。
そのかわり・・・退去する際に、原状回復といって多額なお金を要求
される話もあるのである。先に払うか、後で払うか。先に払って
いたほうが、のちのちいやな思いもすることもないと思うのであるが。
これは、難しいところもある。いずれにしても一長一短なのである。

10年20年すんで、いざ退去する人もいるのである。自分も過去に25年
すんで退去したお客様に遭遇したことがある。でる際に、1ヶ月おくれで
家賃を払っていたという事実とその他のことで、いままでの引き落とされた
通帳を確認。敷金3ヶ月いれていたのだけど、最後の月は、相殺(そうさい)
ということで、大家さんと話して話をまとめたことがあったのである。

どちらにしても、まず裏をとり、双方が納得した形での話合いがベスト
なのかなと。でも基本、敷金は返還されなきゃいけない代物なのである。

まぁすんなり返還できる手もあるけど、自分からいう必要もないのである。
それは自分が不動産屋なのだからである。

これからいろいろな人が不動産屋に賃貸物件をさがしにくるはずなのである。

子猫を拾った女性の物件探しに、「悪いな、ほかをあたってくれよ」とちゃんと
いえるだろうか。とくにハマからながれてきた女性には気をつけようと思うのだが
さてさて・・・くるのだろうか。ご当地にもハマという文字がついてる
地名が何箇所かあるのである。

「あんたあの娘(こ)のなんなのさ?」とか「あんたあの娘(こ)惚れてるね」
と言うセリフが似合う不動産屋はかっこいいかなと思う今日なのです。

今度、配当あったら、スカジャンでも買おうかなと。

ということで、今何をやるべきかよく考えながら、あくまでクールに
仕事頑張っていこー!午前は資料つくりだな。

「○○のお客をとったてさ、そりゃもう大騒ぎ!仁義をかいちゃいられや
しないよ!」気をつけていこう。
posted by クール at 08:33| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする